« 河津桜、満開 | トップページ | 春は不穏 »

2016年3月 6日 (日)

春の宵**

16panda_01

こないだの夕方、洗濯ものをとりこもうとベランダの戸をあけた息子が、ああ、春の匂いがする! って息子がいったのは、春一番が吹いた日のことだったっけかな。
ちょうど、届いたばかりのジャバンのCDを聴いてるときで、ジャバンの歌と春の宵独特の気分がすごくマッチして、いい気分だった。
これから何かいいことでも起こりそうな、そんな予感に揺られる春の宵。
外で暮らす猫たちにとっても厳しい寒さからそろそろ解放されようという季節。
ずいぶん日も長くなってきた。

今日、休日の終わりにちょっと一息つきたくて、夕飯の買いものついでに路地を曲がると、いたいた、パンダが、ゃあと迎えてくれました。

16panda_02

この冬も君はよく生き延びた。
今年も何度か真剣に考えるタイミングがあったけど、でもどうすることが一番いいことなのかいまだによくわからない。君はあの猫マニアのうちの子にはならなかった。
もうすぐ本物の春がくることだし、ほかの野良たちとおなじように君もせいぜいボウルに入ったきれいなお水つきのごはんを食い逃げしてなさい。

16panda_11

猫のからだって不思議だ。

大きく見えたり、小さく見えたり。

16panda_10

ごはんもあげずにしばらく眺めてると、真冬のあいだ見られなかったごろりんごろりんがはじまって、こんなのを見ても季節の移ろいを感じるのです。

16panda_06

君は地面ともとっても仲がいい。

16panda_05

というより、君がいちばん安心できるのが地面なのかな。

16panda_07

人間はとっくにそれを忘れたのに。

16panda_08

たくましく生きよ! 

君、ちいさな生きもの。

16panda_09

わたしがいま気がかりなのは、なかなか治らない左目の下の赤い傷。
君みたいに警戒心が強くて用心深くて、それでいてのほほんとした平和主義の猫でもそんなふうにギャッとやられちゃうことがあるなんて、世の中ってつくづく暴力に満ち満ちてて生きにくいにゃ。
でも生きよ。馬鹿な人間を見張り番に使って、ゆっくりお食べ。

16panda_12

|

« 河津桜、満開 | トップページ | 春は不穏 »

今日のパンダ♡」カテゴリの記事