« 田舎雑煮のおいしい季節 | トップページ | 緋寒桜と真冬のプール »

2016年1月22日 (金)

大きな鳥みたいな

160122sky

今夜から月曜にかけて西日本を中心に日本列島は歴史的な寒波に見舞わ

れて、冬の嵐になるという。そうなると心配なのは屋根のないところで暮らす

人や猫たちのことで、そんなことを考えながら夕方ベランダにでたら、大きな

鳥みたいな雲が地上低く、ちょうど羽を広げたみたいな形で浮かんでて不思

議だった。人間の波動と地球、宇宙の波動も連動しあってるというから、これ

も何かの意味があるのかな、とか。

左の端に満月に近い、見えるか見えないかくらいの淡い月。

たなびく雲 ・・・・・・

160122sky_01

夜、暗くなってから買いものに行って、寒かったけどどうしても気になって帰

りにパンダのいそうな住宅の脇道を入って行ったら、まだ雪が残って足もと

が悪く、いっそう寒かったからさすがにこんな日にこんなところにはいないか

と引き返してとぼとぼ歩いてたら、だいぶ行ったところで後ろから「にゃ」と消

え入りそうな声がして呼び止められた。

空耳かと思ったけど振り返るとパンダで、とぼとぼこっちに歩いてくる。

いったいどこから見てたのかな。ほんとにパンダは頭がいい。

厳寒なればすべからくカリカリはいついかなるときも持って出るべし!

駐車場のクルマの陰でシャビーなディナー。

いっそ大島弓子のマンガに出てくる猫マニアみたいに蝉取り網みたいので

捕獲して、袋に入れて家に連れて帰れたらどんなに楽かと思う。

ちょっと時間があくと警戒心が強くなって、クルマの下からなかなか出てこ

ないパンダを置いて、私が離れるなり出てきてカリカリを食べてるパンダに

今夜は冬の嵐に気をつけるんだよー、がんばって生き延びるんだよー と

声をかけながら帰る。1月の寒い夜。

160122sky_02

|

« 田舎雑煮のおいしい季節 | トップページ | 緋寒桜と真冬のプール »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田舎雑煮のおいしい季節 | トップページ | 緋寒桜と真冬のプール »