« 立冬の赤 | トップページ | 新月の朝、セルリアが咲いた☆ »

2015年11月 9日 (月)

ふわふわもこもこ、子羊の耳。

15rambs_ear_01

産毛に包まれたこのふわふわもこもこの葉っぱに初めて触れたときのびっくり

はいまでも覚えてる。

ラムズイヤー、子羊の耳とはよく付けたもんです。

実際に子羊の耳に触ったことがあるわけじゃないけど、そっとつまんだときの

この微妙に弾力のあるやわらかな触感はまさしく子羊の耳!

15rambs_ear_02

写真じゃいまひとつこの植物(ハーブだそうです)のかわいさが伝わらない

かもしれないけれど、実際に見て触ればきっとわかってもらえると思う。

それであんまりかわいいので、本棚に置いてたのを食卓に持ってきて毎日

かわいいかわいいと触っていたら見るたびに茎が面白いくらい、くねくね違

う形になっていて、まるで生きものみたい!・・・・・・ まあ、実際に生きてる

んだけど、産毛が生えてるせいか、植物というよりは何か別の生きものの

ようで、なんとも不思議な植物です。

コトリさんが「今季初ラムズイヤー!」といっていたから、これも冬に出回る

植物なんですね。シルバーリーフだから夏に見ても暑苦しくはないけれど、

たしかに冬が似合いそうな植物ではあります。

家の中じゃ暗くて写真が撮れないからベランダに持ってきたけど、これは切

り花。でもあんまりかわいいので娘と鉢植えで育てようか、なんていってると

こです。そうやっていつしかマニアックで不思議な植物の中にばらがちらほ

ら、なんてことになるのかもしれません。

これを買った日は『そっと触る』というのがキーワードだったようです。

その日最後に花屋にやってきた動物と人の橋渡しをしているMさんが、何を

思ったのかいきなり私をまっすぐに見て教えてくれたのが、片方の人差し指

でもう片方の自分の手の甲側と手のひら側をそっと触って、どちらか気持ち

いいと思った側をそっと指で触り、「私はこれにそっと触ります」と言ってから

ゆっくり122まで数える ・・・ というヒーリング法でした。力を入れずに『そっと

触る』というのと、『122までゆっくり数を数える』というのがポイントで、そうす

ることによって瞑想状態になり、いまのストレスや痛みを感じている状態から

別のところへ意識がシフトするのだそうです。ちょうど私はまたしても肩関節

がひどく傷みはじめていたところだったから、彼女にそれが何か伝わったの

かな、と思ったけれど、教えてもらった夜さっそく布団のなかでやってみたら

122数え終わる前に眠りに落ちてました。こんなふうにときどき私にタイムリ

ーに何か面白いこと、有効なことを教えてくれる人たち、感謝ですね。

何はともあれ、寒い冬はふわふわもこもこに包まれてあったかくしてるに限

る! と思う私なのです。

15rambs_ear

|

« 立冬の赤 | トップページ | 新月の朝、セルリアが咲いた☆ »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立冬の赤 | トップページ | 新月の朝、セルリアが咲いた☆ »