« プロテウス | トップページ | アマンディーヌ・シャネル* »

2015年8月30日 (日)

0830

150830nihonbashi

本日、午後から日本橋で仕事。

でもそれも夕方には終わるから、そのあと行こうかと昨日から駅の降り口や

何かを調べておいたのだけれど、今日久しぶりにスーツを着たらパンツスー

ツのズボンのウエストがびっくりするくらいゆるゆるになってて、まずそれで

ちょっとめげてしまった。ジャケットが小さめの40、ボトムスが38。赤坂で

働いてたころにはぱつんぱつんだったスーツなのに。

いったいあれからどれだけ痩せたっていうんだろう。

ちょうど仕事のはじまりが2時からと時間が同じだということで、電車に乗る

とそれらしい人がいないかつい探して見てしまう。西武線にはあきらかにそ

れとわかる人はいなかったけれど、東西線に乗ったら赤いプラカードを持っ

た人を何人か見かけた。大きなリュックをしょって、まるでピクニックに行くみ

たいなアウトドアな格好をした男の人。そうか、ああいうプラカードを作れば

いいのね、と思うデモ素人の私。

そして夕方無事に仕事が終わって、ちょっと疲れたけどみんなと別れたら人

知れず目的地に向かおうと思っていたら、医者の友人からどっさり2週間分

の薬が入った重たい袋を渡されて、そこで完全に気持ちが萎えてしまった。

そうじゃなくても重たいトートバッグに傘に資料に薬の入った袋。

まだ雨が降るなか友人がタクシーに乗りこむのを見送って、ちょっと離れた

東西線の駅まで歩いて目の前の空いた席に座ったら、いつのまにか眠って

しまった。荷物が重たいのもあるけど、この耳で人混みに行くのはやっぱり

危険だったかもしれない。家に帰って今日は仕事帰りに行くつもりだったけ

ど行けなかった、といったら娘に「すごい人だったみたいだよ。行かなくてよ

かった」といわれた。実は私の耳はお盆休み明けに近所の医者に行ったの

だけれど(たしかにおかしいのに)異常なし、といわれて薬も処方されず、

それで今日の友人の薬になったのだけれど、大量の薬の中には(私の嫌

いな)ステロイドもあって、液体の薬が2週間分も入っていたのがひどく重か

った原因らしい。でも夜になって友人から薬の説明を聞けば、私の主訴に

対してとても妥当で的確な処方だった。昨日久しぶりにスイミングスクール

に来たロバさんと話したら、私とほぼ同い年の娘さんは目がおかしくなって

医者に行ったものの、5つの眼科で異常なしといわれて何の治療もされな

いまま帰され、6つめの眼科でやっと原因がわかった、ということだった。

私なんてひとつめの耳鼻科で辟易してるのに、6つも行くとはなんたる執念

と思うけれど、それだけいい医者はいないっていうことだ。少なくとも私の友

人のような医者は滅多にいない。雨天のせいもあったのか、残念ながら今

日の国会前は目標の10万人には及ばなかったようだ。私はあいにく腰くだ

けで終わったけれど、早く耳治してまずはプラカード。

|

« プロテウス | トップページ | アマンディーヌ・シャネル* »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

Soukichiさんと時期が重なって
私も耳がおかしくなったので
病院に行ってきました。
私のは血流が悪くなっているから
耳に酸素がいかない何ちゃらって
病名でした。
ビタミン類が処方されて今でも少し
おかしな時があるけど、朝起きて
耳がつまった感じはほぼなくなりました。

耳は聞きたくないことを聞かなきゃならない
うるさいと感じると、異常をきたすと
知っているけど、そうだなぁと思い当たる節もあったり。
お大事にして下さいね

投稿: ノブタ | 2015年8月31日 (月) 07:20

わあ~、ノブタさんも。

やっぱりいまは夏の疲れが出やすい時期なんですね。
でもノブタさんは耳鼻科に行ってちゃんとわかってよかったです。
私もやっぱりノブタさんと同じような自律神経系みたいです。
友人が出してくれた薬は、血管を開いて脳や耳の中の血流を良くする薬とビタミン剤、身体に溜まった水毒を出して、新しい水を循環させるための薬でした。

そして、さすがノブタさん。
やっぱりそういうふうに考えましたか(^-^)
私も知り合いにレスキューレメディーをお願いしたときに、「リズ・ブルボーの本を見れば突然耳が聞こえなくなった原因がわかるかもしれませんね」と言われのだけれど、本を見る前からそこに書いてあることはわかってました。
事実、お盆休み前で根を詰めて仕事をしたり、クーラーで身体が冷えてコリや痛みがあったことはたしかだけれど、それ以上にはっきりストレスを感じた人の言葉がいくつかあって、どれがトリガーになったかもわかっていたからです。

ふだん私は自分が話すより人の話を聞く方が多いのだけれど、すごくエキセントリックでネガティブなものが飛んできたとき、うわっ、なんだこれ、嫌だ、と思っちゃったんですよね。
軽く聞き流せればよかったのだけれど・・・・・・

ほんとに人のこころと身体って両輪ですね。
どっちがだめになってもちゃんと動かなくなる。
私はちょっと敏感すぎるんだと思うけど。
もっとタフにならなきゃと思うし、人が発するものにあまり影響されないようになりたいです。

でも、きっともうだいじょうぶ。
友人の出してくれた薬でばっちり治りそうな気がします。
どうもありがとう
ノブタさんもお大事に!

投稿: soukichi | 2015年8月31日 (月) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロテウス | トップページ | アマンディーヌ・シャネル* »