« 暑い一日の終わり | トップページ | 赤い月 »

2015年7月28日 (火)

そら色のポット

15sorairo

毎年冬になると珈琲のお湯を沸かすのとは別にお茶用のポットが必要に

なって、買うなら野田琺瑯のポトルがいい、色は大好きなチョコレート色か

冬の青空みたいなブルー。と思うのだけれど、いざ実際にスパイラル・マ

ーケットで手に取ってみると、意外に大きいかな、中に入る容量の割には

重いかも、なんて思ってなかなか買うまでに至らなかった。そうやってもう

3年だか4年越しになったなぜかこの夏、とつぜん買うことに決めた。

単純に冷たいお茶を作るためのポットが必要だったわけですが、届いて

みると意外にも思っていたより渋いブルーで、これはきりっと澄んだ冬の

青空というより夏空だった。

これにいっぱいお水を入れて沸騰したらお茶のパックをひとつ入れて5分

くらい煮出す。粗熱がとれたらお茶のパックを取り出してそのまま冷蔵庫

に入れる。琺瑯ポットは熱伝導がよくて冷えるのも早いから便利です。

そしてそのままテーブルの上に出しても絵になる。

ちなみに茶葉は土中の農薬とか有害成分を吸い上げる性質を持っている

ので、有機栽培のお茶じゃないと危険だそうです。

これで今年は好きなだけ有機熟成三年番茶を煮出せる。

今日も真夏日であっついです!

15himawari

|

« 暑い一日の終わり | トップページ | 赤い月 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑い一日の終わり | トップページ | 赤い月 »