« ふたつのJ | トップページ | フランボワーズいろ »

2015年5月10日 (日)

自分で焼いたケーキとおいしい珈琲のある休日

15cheese_cake2

お菓子づくりなんて疲れてるときやるようなことじゃないけど、でもどうしても

今日のためのお菓子がほしくて、金曜日の夜に焼いたチーズケーキ。

写真だと一見このあいだつくったのと同じみたいに見えるけど、実はレシピ

もバットの大きさも違う。

うちではチーズケーキといえばもうなんたって親友のMちゃんのつくるチーズ

ケーキが1番で、あれを食べて以来、我が家ではことあるごとに「Mちゃん、

またつくってくれないかなあ?」とみんなして言っているのだけど(実際なんど

もMちゃんにリクエストしてるんだけど)、なんたって彼女は世界を股にかけて

飛びまわってる忙しい人だし、もはや幻のチーズケーキとなりそうで・・・・・・。

「だったらレシピを教えて!」と、これまた何度も言ったら数ヶ月前、『チーズケ

ーキのレシピ』という件名で、本文なしのものすごくそっけない、あまりにも簡

単な(というか適当な)材料と作り方が数行で書かれたメールが返ってきて、

「ウソだろ~」と思ったのでした。それでしかたなくいろいろなレシピを眺めて

研究してつくったのが、今回のチーズケーキ。

ほんとうは底のはずれるケーキ型、とMちゃんのレシピには書いてあったのだ

けれど、直径も書いてないし、とりあえず1回は型を買わずに家にあるもので

つくってみたかったのでこのあいだよりひとまわり大きいバットを使用。

前とどこが違うかというと、今回はボトムあり。

Mちゃんが「ボトムはオレオでもいいんだよね」と言っていたことなど思い出し

彼女のレシピにしたがって、オレオビスケット1箱をボトムにしてつくってみま

した。じゃーん!。。。。。。。

15cheese_cake2_01

チーズケーキをオーブンで焼いてるあいだは、バターで固めたオレオが焦げ

る芳ばしい匂いが部屋じゅうに広がってたまらなかった。

オレオだからボトムは真っ黒です。

このあいだのチーズケーキがつくってから2日めがおいしかったから、今回も

金・土と二晩寝かせて。

それで、お味はどうだったかというと、結果からいってふつうにおいしいことは

おいしかった。オレオが芳ばしくて珈琲に合う。でも ・・・・・・。

甘い! ちょっと甘すぎる!

思うにクリームサンドのオレオはボトムにするには甘すぎるんだと思います。

それにオレオの味がくどすぎて、繊細なチーズの味が飛んでしまう。

ボトムがあるぶん、このあいだより大きなバットで焼いたらチーズの高さ(厚

み)が出なかったこともあって、オレオの味とチーズの味が調和せず二分さ

れてしまった感じ。

それによく考えたらMちゃんのチーズケーキのボトムは黒くなかった。

つまり我々が食べたチーズケーキのボトムはオレオじゃない。

こりゃ駄目だね。やっぱり次は全粒粉のビスケットでつくろう。

ということになりました。

こうなったらもう、今月はチーズケーキ月間にすることにします。

今日、世間では母の日らしくて、濃厚なチーズケーキにコーノ式でいれた濃

い珈琲で「もう、お腹いっぱい」といいながら、娘がアルバイトに行く直前に私

の手のひらの上にリスの贈りもののような小さな包みを何やら「スミマセン」

といいながら置いて行きました。娘を送り出してから開けてみると、小さな包

みは私が子供のころから好きなマーブルチョコレートの贅沢仕様と、上に付

いていた紙切れは、木の葉の手紙ならぬ包装紙の裏に描かれた今日の日

のためのイラストでした。

15mothers_day

私にもこんな長い髪をしていたころがありましたっけ。

(こんなにフェミニンじゃないけど ・・・・・・)

何が「スミマセン」かといったら、きっと直前になって時間もなくバタバタっと描

いたので「つまらないものですが・・・」程度の意味なんでしょう。

(できれば私は包装紙の裏じゃなくてせめて上質紙に描いてほしかった。)

で、私はまたしても今年もやってしまいました。

母の日だと送料無料な上に肥料まで付けてくれる、つぼみ付きのばら。

ピンクの包装紙に赤いリボン、「おかあさん、ありがとう!」のカードが付いた

ばらを自分の名前で自分に送る、ってのもなんですが ・・・・・・

15mothers_day_01

初めて買ったロサ・オリエントティスのばら。

名前は『ハープシコード』だそうです。

うーん、このばら。どうでしょう?

またやっちゃったかな ・・・・・・ (>_<)

|

« ふたつのJ | トップページ | フランボワーズいろ »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたつのJ | トップページ | フランボワーズいろ »