« 赤い実を食べた | トップページ | ふわり。 »

2015年5月22日 (金)

夢の入り口

15ume_no_ki_02_2

おととい、歌を歌う友達がメールに書いてきた一行が、昨日、私をぼんやり

させた。それはかつて想像したことがあったことかもしれないけれど、ほん

とうは想像もしなかったことかもしれない。少なくとも10年前には想像もしな

かったことだ。といって、大げさにうけとると緊張して身体も思考も固まるから

私は「まかしといて」っていうような気分でいる。神さまはなんでも知っている。

宇宙はいつだって私をホールドしている。人は誰だって隠れた力を持ってる。

ただ、それを信じるか信じないかだけ。

それがあふれだす瞬間をつかめるかつかめないかだけ。

文章を書くとき私が何にいちばんこだわるかというと、それは書き出しだ。

最初の言葉。

文章には無数の入り口があって、どこから入るかによって行けるところが違

うから。できるだけさりげなく入って、でも深いところまで行きつきたい。

友達が私を夢の入り口に立たせた。

|

« 赤い実を食べた | トップページ | ふわり。 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い実を食べた | トップページ | ふわり。 »