« 夢の家 | トップページ | フェア・ビアンカ * »

2015年5月 4日 (月)

はじめて焼いたチーズケーキ *

15kono_shiki

いっとき、珈琲のドリッパーについていろいろ考察してみたことがあった。

ペーパードリップでもっともよく知られたところでカリタとメリタ、それに円錐形

のハリオ、ケメックスにコーノ式、昔からあるネルドリップに麻布のフィルター

フィルターペーパーがいらない金属メッシュ・ドリッパーやアウトドアでも便利

に使えるバネ式、などなど。けっこうある。でも、それでつくりだされる味をくら

べてみると私好みの珈琲( つまり酸味より苦味が強くて香り高く深い珈琲)

は、どうやらカリタのままでよさそうだったから、いままでとくに変えることなく

ずっとカリタのドリッパーを使ってきた。もうすっかりそれで慣れてしまって、

いつでもおいしい珈琲が飲めていたからとくに問題はなかった。

ケメックスでいれる珈琲がおいしいことも、あのルックスにも惹かれたけれど

うっかりしたら割ってしまいそうだし、専用フィルターじゃなきゃいけないのは

ちょっと面倒くさい。専用フィルターということではおなじだけれど、ケメックス

より気になっていたのがコーノ式で、コーノ式だとカリタより苦味の少ない、

まろやかな味になるらしい。コーノ式でいれた珈琲を実際に試して飲んでみ

たかったこともあるけれど、私がコーノ式が気になるようになったもっと大き

な理由は、実は木の持ち手が付いたコーヒーサーバーが出てから。

サーバの持ち手には色も木目も実にいろいろな種類の木が使われていて

それぞれ個性がある。それが木のもの好きの私にはたまらない魅力だった

のです。そして持ち手は木の種類だけじゃなくてデザインもいくつかあって、

なかにはショップ限定モデルなるものも存在し、それらを扱っているサイトの

ページを『お気に入り』に入れて、いったいどれだけ眺めたかなあ ・・・・・・

なんたって日常的に珈琲を入れるには困ってないし、それなりのお値段が

するものだし、コーノ式は専用フィルターじゃなければいけないこともネック

になって、なかなか買う決断ができないまま早数年。

それをついに買う気になったのは、いままで見たことのない持ち手のデザ

インのこのブラックウォルナットのサーバーをみつけたのと、ずいぶん前に

娘にガラスのポットを割られて以来、リーフティー用のガラスポットがなかっ

たことを思い出したため。サーバーだけなら蓋をつければ紅茶でもハーブ

ティーでも使えるから、これはいい! と思ったのでした。

・・・・・・ そういうわけで、今年の唯一の休日スペシャルはコーノ式。

去年の母の日に息子からもらったプジョーのコーヒーミルでのんびりガリガ

リ珈琲豆を挽いて、スローカフェを楽しもうってわけ。

それで珈琲タイムをさらに楽しむために、はじめてホーローバットでチーズ

ケーキを焼いてみた。

なんたってチーズケーキを焼くこと自体初めてなので、うちのレンジでうまく

焼けるかどうかちょっと不安だったのだけれど、案ずるより産むがやすし。

きれいに焼けました。焼き色こんがり♪

15cheese_cake

土曜日に焼いて冷めてからラップをして冷蔵庫で寝かせること一晩。

昨日、食べたときはレモンの風味が強くて意外とさっぱり。

よく珈琲専門店で珈琲と一緒に頼むと出てくるあの典型的なチーズケーキの

味。ふつうにおいしいし買ったみたいなチーズケーキだけど、チーズ好きとし

てはもうちょっと濃厚でもいいかな、という感じだった。

ところが二晩たって今日食べてみると、また味が変わってる。

今日はレモンの味がうしろに下がって、昨日よりずっとミルキー。

やっぱりチョコレートケーキとかチーズケーキって熟成させたほうがおいしく

なるんだな、ということがわかった。

あんなに簡単にできたのにこれだけおいしければ及第点です。

15cheese_cake_01

6つに切ったら1ピースがかなり大きくて、ひとつ食べたらお腹いっぱい。

チーズケーキって、チョコレートケーキと甲乙つけがたいくらい濃い珈琲にあ

うんだよね。初めて焼いたチーズケーキが最初からうまくいったことに気をよ

くして、しばらくチーズケーキの研究がしたくなりました。

そして肝心のコーノ式でいれた珈琲はどうだったかというと ・・・・・・。

たしかにまろやかだった。ちょっとあっさりしている感もあり。

でも、まだ1回じゃカリタとくらべて正確にどちらがおいしいかわからない。

ついこのあいだまで、ドリップポットがなかったときは子供にやかんマスター

とよばれていた私だけど、最近はドリップポットでいれるのにもすっかり慣れ

て、いまはドリップポット・マスターになった。このコーノ式も熟練しないとね。

そして。コーノ式以上に熟練が必要そうなのが手動のミルで、手動ミルで挽

いた豆が電動ミルで挽いた豆より膨らまないのはなぜなんだろう?

さらにいままで3人分の珈琲を落とせるサーバーを持ってなかったので1人

か2人用のペンギンみたいなかたちの小さなポットを工夫して使っていたの

だけれど、今回初めてサーバーに落として目盛を見ると、なんと3人で5杯

分の珈琲を飲んでいたことが判明。私と娘のマグカップが大きいのは知って

いたけど、ちょっと驚きでした。やっぱり目盛付きのサーバーは使いやすい。

そしてこのブラックウォルナットの持ち手のかたちもすごく握りやすくて素晴ら

しい。ただ木にあんまりやすりがかかってなくて手にザラザラするから自分で

やすりをかけないと。数年間も迷いに迷った末にやっと買ったドリップセットだ

けれど、ドリップポット同様、これから毎日ヘヴィーに使うことになりそうです。

お菓子も珈琲もわずかなことで味が変わってしまう繊細な世界で、その繊細

なところを探っていくのがどうやら私は(そしてたぶん2人の子供たちも)好き

なんだよね。

そんな我が家の休日風景。

15holiday_special

|

« 夢の家 | トップページ | フェア・ビアンカ * »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢の家 | トップページ | フェア・ビアンカ * »