« 土曜日のケークサレ | トップページ | チョコホリックのためのチョコレートブラウニー »

2015年4月12日 (日)

パルムちゃん。

15bottle_palm

去年買ったボトルパームが、なんと冬を越えることなく一年足らずで枯れて

しまって、しばらく考えた末、3鉢めを迎えることにした。

「この三度めの正直でだめだったらもうボトルパームを育てるのはやめる、

東京の気候には合わない」という私に、まるでボトルパームが我が家の経

済情勢を担ってでもいるかのように思っているらしい息子が「えー!!」と

声を上げた。こうなると私はなんだかあの孤独なレオンのような気分だけど

「そうだ名前をつけよう、名前をつけて話しかけたら枯れないかも」といった

ら娘がつけたのが『パルムちゃん』だ。

最初に鹿児島の植物園から来たボトルパームは何年も生きてずいぶん大

きくなったけど、2本めはわずか一年足らず。育てられた環境による個体差

も大きいのだろうけど、過去2本のボトルパームから学んだことは、真夏は

直射日光に当てつづけないこと、気温が下がる冬は早めに室内に入れる

こと、そして要は水やりは少なめに乾き気味に管理して、とくに冬場の暖房

で乾燥する室内では葉面散布をすること、くらいかな。葉面散布のとき、バ

イオゴールドのバイタルを使ったらいいんじゃないかとか考えてる。

そして葉面散布といえば、先日ホームセンターで展着剤を買ったことは書い

たけれど、ふつうに売っているのは『ダイン』という茶褐色の液体で、前にバ

ラ友のルイさんに少し分けてもらったことのあるのは透明な液体だったため、

「あれってなんですか?」とメールで尋ねたら、「まだたくさん残ってますから

いるんだったら送ってあげますよ」といわれて、お願いしたらすぐに送ってくだ

さった。ありがたい。持つべきものはやっぱり友ですね。

久しぶりに穏やかに晴れた今日はタイミングよくネイティブの土が届いたので

セルリアとユーカリの植え替え。ボトルパームも陽に当てた。

こんどは枯れずにゆっくり育ってほしい。パルムちゃん。

アイスブルー!

|

« 土曜日のケークサレ | トップページ | チョコホリックのためのチョコレートブラウニー »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日のケークサレ | トップページ | チョコホリックのためのチョコレートブラウニー »