« サノアイさんの猫ブローチ | トップページ | 猫の伝言板 »

2015年4月23日 (木)

これはもうブラウニーというよりガトーショコラ♡

15choco_brownie_02

このあいだ作ったチョコブラウニーがちょっとふくらみすぎだったから、先週

の金曜の夜にレシピを変えてキャビネサイズよりひとまわり大きいサイズの

バットに流して焼いてみた。できあがった日は冷めるまでバットに入れて置

いておいて、そのあとはラップをしてシール蓋をして冷蔵庫で一晩。

翌日切り分けて食べたブラウニーはものすごく濃厚で、まるでチョコレートを

食べてるみたい。これはもうチョコブラウニーというよりガトーショコラだね、

とみんなでいいあった。

いつもは、どんなお菓子をつくっても自分でつくったものだと「ま、こんなもの

か」と思う私なのだけれど、これははじめて「うわ、買ってきたみたいだ」と思

った。製菓用の高級なクーベルチュールチョコレートを使ったわけでもない、

市販の板チョコでつくったブラウニーがですよ。

(もちろん、そういう高級なのもたまにはいいけど)家でつくってこれだけおい

しいなら、もうわざわざケーキ屋さんでチョコレートケーキを買ってこなくても

いいや、って思ってしまった。それくらいおいしかった。

このあいだのくらべてどこがちがうかというと、このあいだのほうがバターを

たくさん使ってる割には粉も多かったからザックリした仕上がりだったけれど

こちらは粉もベーキングパウダーも減らしてチョコレートを倍にしたせいで、

チョコレートのどっしりした濃厚さとしっとり感が増した。このあいだのはもう

ちょっとふっくらしたマフィン寄りの仕上がりで、あれはあれで軽くて食べやす

かったし、もともとのアメリカンチョコレートブラウニーがざっくりした素朴なお

菓子であることを考えれば、単にあれをもうちょっと大きなバットで焼けばい

いだけのことなのかもしれないけれど。今回のはチョコレートの味が濃くなっ

たせいでくるみの味は薄くなり、このあいだのはこれよりあっさりしているぶん

くるみの味が際立っていた。これはもう好みというか、そのときどき食べたい

ほうを作ればいいって感じかな。

買ってきたみたいな味、という点では、あるいはどこかにお土産で持って行く

なら、という観点では今回のほうが断然おすすめです。

今回はブランデーの量を多くしたので、焼いているときはチョコレートとブラン

デーの混じったいい香りが漂って。

今回のは前回のにも増して濃い珈琲にあう。

つくづくうちの家族はチョコホリック、珈琲党だと思います。

というわけで今回も忘れないうちに書いておこう。

以下、レシピ。

**************************************************************

ガトーショコラみたいなチョコブラウニー

< 材料 > (野田琺瑯の浅型Lサイズ 22.8×29.0×5.7cm)

 薄力粉            70グラム

 ベーキングパウダー    小さじ2分の1

 ココアパウダー        20グラム

 (以上はボウルにあわせてふるっておく)

 きび砂糖           70グラム

 卵               2個(室温にもどしておく)

 スイートチョコレート    100グラム

                  (製菓用じゃなく、市販の板チョコでもOK)

 無塩バター          70グラム

 くるみ             80グラム

 アーモンドスライス     30グラム

 チョコチップ          適宜

 牛乳               80cc(室温にもどしておく)

 ブランデー           大さじ2

〈 作り方 〉

 1.バットにオーブンペーパーを敷いておく。

   くるみとアーモンドスライスはオーブンの天板にオーブンペーパーを

   敷いて160度で5分ローストしてから、くるみだけ粗く刻んでおく。

 2.ボウルか片手鍋に刻んだチョコレートとバター、牛乳を入れ、湯せんで

   なめらかに溶かす。溶けたらブランデーを入れて混ぜる。

 3.大きめのボウルに卵を入れてほぐし、きび砂糖を数回に分けて入れて

   すり混ぜ、なめらかになったら2のチョコレートを流してよく混ぜる。

 4.3にふるった粉類を入れて、ゴムベラで底から持ち上げるようにしながら

   切るように混ぜる。粉っぽさが残っているうちにくるみを入れて、なめらか

   になるまで、こねないように混ぜる。

 5.4をオーブンシートを敷いたバットに流し入れて表面を平らにならす。

   広げたふきんの上にトントン! と落として生地の空気を抜く。

   最後にチョコチップとアーモンドスライスを散らしたら、160度に予熱した

   オーブンで20分焼く。

   まんなかに竹串を刺してみて、何も付いてこなければ焼き上がり。

 6.粗熱がとれたらバットから出して網の上で冷まし、冷めたらラップなどで

   覆ってしっとりさせる。好みの大きさに切り分ける。

15choco_brownie_03

切り分けた感じもふくらみが抑えられたせいでだいぶ洗練されました。

写真ではお皿に2つのせているけれど、でもこれすごく濃厚なので、ひとつで

じゅうぶんです。家にあったキャビネサイズよりひとまわり大きいバットで焼い

て、この大きさにカットして15個分。乾燥しないようにきちんとラップして冷蔵

庫に入れておけば日持ちもするので、ゆうに数日間はお茶のたびにたっぷり

楽しめます。ちなみにこの半量だったらキャビネサイズのバットにぴったり。

チョコレートは前回も今回も明治の板チョコを使っています。

今回はスーパーにたまたまミルクチョコレートが2枚しかなかったのでミルク

とビターを2枚づつ使ったのだけれど、けっこうそれがよかったかもしれない。

それほど甘くなくて。

チョコレートを倍にしたからトッピングのチョコチップはいらないように思うけど、

富澤商店で買ったチョコチップは焼いても溶けにくいタイプなのでコリコリした

食感が残って、これがまたいいんです。ローストしたアーモンドも芳ばしい。

とにかく簡単に手に入る材料でバターをクリーム状に煉る必要も生地を寝か

せる必要もなく1時間以内でぱぱっとつくれておいしい。

それに、このくらい小さいケーキをコーヒータイムにひとつ食べるくらいならま

だ許されるかな、なんても思うのです。

大の珈琲党、チョコレート好きさんにおすすめのガトーショコラみたいなチョコ

ブラウニー ♡

空いた時間にぜひお試しあれ♪

|

« サノアイさんの猫ブローチ | トップページ | 猫の伝言板 »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サノアイさんの猫ブローチ | トップページ | 猫の伝言板 »