« 春の猫、ひねもすのたりのたりかな。 | トップページ | 八丈木五倍子 »

2015年4月 2日 (木)

今年の桜

15sgyoen_01_2

仕事の用事をひとつつくって、せかされるように電車に乗った。

躊躇してる間にすべては過ぎ去ってしまうから。

着いたのは閉園まで1時間を切った午後遅く。

でも長くなった日のせいでなんとか間に合った。

今年の桜。

15sgyoen_14

濃いピンクの愛らしい陽光はもうとうに終わってしまったけれど、

一葉はまだ咲きはじめたばかり。

15sgyoen_02

まるで桜のルーフの下にいるような。

素敵な君の腕(かいな)。

15sgyoen_03

桜の下にて集い、しばし春に憩い、春を愛でる人々・・・・・・

15sgyoen_04

水際まであふれる。

はじける光。

15sgyoen_05

大島桜の純粋。

15sgyoen_06

稲妻みたいな枝した、お化けみたいな枝垂れ桜はもう終わり。

15sgyoen_07

いずれ新緑に席巻される。

15sgyoen_08

韓国、中国、ベトナム、、、、、、賑やかなアジアの観光客に混じって、

フォーマルなコスチュームに身をかためた異国の人よ、ひとり静かに何思う。

15sgyoen_09

晴れ晴れと、明日につづく今日のことなど ・・・・・・

15sgyoen_10

斜陽に照らされて暮れゆく一日。

15sgyoen_11

今年もまた私は思うひと(桜の精? 桜のミューズ?)には会えなかったのだ

けれど、もし会ってしまったら会ってしまったで、ちょっとこわい気もする。

ソメイヨシノが終われば、次は子どもみたいに無邪気で愛くるしい八重桜。

15sgyoen_12

東京の桜の季節はもうしばらくつづく ・・・・・・

15sgyoen_13

(上の桜の樹を見よ。なんとなまめかしいこと。筋骨隆々の枝と、それにまと

いつくような儚げな薄紅の花びら。桜のなまめかしさって、この両性具有なと

ころにあるんだと思う。)

|

« 春の猫、ひねもすのたりのたりかな。 | トップページ | 八丈木五倍子 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の猫、ひねもすのたりのたりかな。 | トップページ | 八丈木五倍子 »