« 季節の感触 | トップページ | ほわっと、ふわっと »

2015年4月27日 (月)

甘夏フローズンヨーグルト

15amanatsu_frozen_yogurt_01

日が長くなりましたね。

それになんだか急に暑くなってきて、早くも部屋の中がムシムシしてきました。

去年の梅雨は比較的ラクに過ごせたけど、今年は蒸し暑いのかなあ、

なんて考えるこのごろです。

いつもだと、ちょっと日が長くなったころから気の早い私が「もう夏だ夏だ!」

といって騒ぎだすんですが、今年は息子のほうが何かにつけて「もう夏だ!」

といってます。まるで寄る年波の私を励ますように。

そして、このあいだの甘夏サラダからずっと我が家は甘夏ブームです。

あのサラダ、朝から野菜と柑橘と豆の酵素が一気に摂れるからかな、お腹に

すごくいいようです。お通じがよくなるってみんないってる。

それで、あのサラダを食べてるときから甘夏でフローズンヨーグルトをつくった

らおいしいかも、という考えがむくむく湧いたので、週末につくってみました。

我が家は一年通して冷たい飲みものはほとんど飲みません。

だからペットボトルに入った炭酸もコーヒーも紅茶もウーロン茶も買わない。

たまに買うのはミネラルウォーターとガス入りミネラルウォーターくらい。

真夏の暑いときでも熱い珈琲や番茶を飲み、娘に至ってはブルーソーラーウ

ォーターまで常温(夏は日向水)で飲んでる。人は冷たい飲みものをとると、

それを身体の中で37度にするだけでも体力を使ってしまうそうです。

でも、そんなふうでもアイスクリームは好きだから食べちゃうんだよね。

毎年のことだけど、夏の前あたりになるとAmazonで安く買える貝印のアイス

クリームメーカーを買おうかどうしようか悩む。で、けっきょくは買わない。

使わないとき邪魔になるんじゃないかとか、アイスクリームメーカーを買う分

でハーゲンダッツがいくつ買えるかとかつまらんことを考えちゃって。

でもアイスクリームメーカーがなくてもホーローバットでつくるフローズンヨー

グルトならできあがりがそれなりでも許せるし、なんたってヘルシー。

でもね、なめらかにおいしくつくるには全体が凍ってしまう前に何度も撹拌し

て空気を入れる必要があるんだけど、なんたってつくりはじめたのが夜遅く

なもんだから、もう寝る時間なのになかなか固まってこないわ何度もかき混

ぜられないわで、わずかに端っこが凍ってきたのを2回くらいかき混ぜただ

けで朝みると、すっかりガチガチに凍ってました。いっそフードプロセッサー

にかけようかとも思ったけれど、それだと大きめにちぎって入れた甘夏まで

細かくなってしまうのでやめにした。きちんと泡立てた生クリームを入れてる

から氷みたいに硬くなってしまうことはないのです。ここはどこまでもアナロ

グ手仕事でいこう、ってことで力を入れてスプーンでほぐしてかき混ぜて、

もういちど冷凍庫で冷やしたのがこれ。

15amanatsu_frozen_yogurt

食べるときはいったん冷凍庫から冷蔵庫に移しかえてしばらくおき、少しやわ

らかくなったところでスプーンですくって冷やした器に盛りました。

食べた感じはアイスクリームよりシャリっとして淡雪のようなかるい食感です。

う~ん、、、、、、思ったとおり甘夏はヨーグルトに合う!

ほんとうはもっとなめらかな(アイスクリームみたいな)口当たりにしたかった

けれど、これはこれで爽やか。悪くないです。後口すっきり。

ときどき、ごろっと大きめの甘夏が入ってるのもいい。

もっとなめらかにするには固まるまでに何度もかき混ぜること、途中でフード

プロセッサーにかけてから大きめの甘夏をくわえたらいいかもしれません。

これもイチゴが出まわっているあいだにもういちど、イチゴがなくなったらバナ

ナでもつくってみたくなりました。

今回も野田琺瑯のシール蓋付き浅型Lサイズのホーローバットを使っている

のでたっぷりできた! 

冷凍庫に器と一緒に冷やしておけば、食べたいときいつでも食べられます。

アイスクリームは好き、でもカロリーは気になる、という人にはおすすめ。

ちなみに、ヨーグルトを凍らせても乳酸菌は死なないそうです。

このフローズンヨーグルトは、医者の友人おすすめのカスピ海ヨーグルトで

つくりました。以下、レシピ。

*************************************************************

甘夏フローズンヨーグルト

< 材料 > (野田琺瑯の浅型Lサイズ 22.8×29.0×5.7cm)

 甘夏           1個と半分

 カスピ海ヨーグルト   1個(500グラム)

 生クリーム        1パック(200グラム)

  洗双糖          80グラム

  飾りにミントの葉

< 作り方 >

1.甘夏1個は皮を剥き、きれいに房から出しておく。

   残り半分も房から出して細かくほぐし、耐熱皿に入れて分量外の

   砂糖大さじ2をかけて電子レンジで1分加熱、冷ましておく。

   バットはあらかじめ冷凍庫で冷やしておく。

2.ボウルに生クリームと洗双糖を入れ、しっかり泡立てる。

3.2の生クリームにカスピ海ヨーグルトとほぐした甘夏半分を入れ、

  よく混ぜる。

4.3を冷やしておいたバットに流し、蓋(またはラップ)をして冷凍庫に

  入れる。半分くらい凍ったところで取りだしてスプーンなどでかき混ぜ

  全体的によく混ぜる。これを2~3回繰り返す。

  (途中でフードプロセッサーにかけてなめらかにしてもいいと思う。)

  最後にかき混ぜたときに房から出した甘夏をちぎって入れて混ぜ、

  冷凍庫に戻す。

  冷やした器に盛って、ミントを飾ってできあがり!

|

« 季節の感触 | トップページ | ほわっと、ふわっと »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節の感触 | トップページ | ほわっと、ふわっと »