« 冬と春のあいだ | トップページ | 赤と白 »

2015年3月 4日 (水)

春の宵

15haru_no_yoi

気温の寒暖差が激しくて天候は不安定、やたらと風ばかり強くて埃っぽい。

西高東低のきりっとした青空がつづく冬と違って、晴れてるんだか曇って

るんだかはっきりしない天気が多い春は四季の中では私のもっとも苦手

な季節だけれど、でも春特有の光というか匂いというか、何かがふっ、と

あたたかく緩むような気配を感じるときは、ああ、春だなって思って明るい

気持ちになる。

夕方、洗濯物をとりこもうとベランダの戸を開けた息子が「ああ、これだ」

といった。春の感じ。何がいいって、春は宵がいいよね。春の宵。

花のかおりが、しあわせの粒子みたいになって大気に溶けてる夕方。

もう夕方なのにまだほのかに暖かくて、このままどこかに行きたい気分。

そんな会話をして夕飯の買いものに行ってその帰り、空を見上げたら淡

く霞んだ宵のブルーに、イヴァン・リンスの声みたいなピンクの雲があわ

さって、月もとろりんと溶けてる風情。

今週金曜日は啓蟄の満月。

|

« 冬と春のあいだ | トップページ | 赤と白 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

啓蟄は1番好きな季節です
ねむっていた虫たちが動き出す
ドキドキします
人間は冬眠しないけどもし冬眠があれば価値観とかかわるのかなあ?
春の目覚めにむかっての冬支度が楽しみになるかもしれませんね

投稿: ひろ | 2015年3月 5日 (木) 22:55

ひろさん、

ドキドキしますね。
でも、人間に冬眠があったら別の意味でドキドキしませんか?
だって目覚めないかもしれない!
生きものにとってはひとつの賭けみたいなもんだもの。

投稿: soukichi | 2015年3月 5日 (木) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬と春のあいだ | トップページ | 赤と白 »