« きょう、生きるに値する幻 | トップページ | 朝の柑橘 »

2015年3月17日 (火)

春、炸裂!

15shide_kobushi

一気に春が炸裂したような暖かさ。

東京は20度越え、4月下旬から5月の陽気だそうだ。

夕方ちかく、娘と買い出しに行くのに近所を話しながら歩いていたら、前から

来る人にとつぜん「こんにちは}といわれて、誰かと思ったらリハビリルーム

でよく顔をあわせるおじいさんだった。いつものように杖を持って、横には作

業療法士の若い女性。思わず笑顔になって「外でリハビリですか?」と訊くと

「そう。花を見ながらお散歩」というので、「今日は暖かいからいいですね」と

いって別れた。そして、ふたたび歩きながらふと横を見るとモクレンみたいな

きれいなピンクの花が目に入って、木に付いた名札を見ると『シデコブシ』と

ある。どうやらシデコブシも今日の気温ですっかり着ていたコートが暑くなっち

ゃって、急きょ脱ぐことにしたらしい。

15shide_kobushi_01

私が花の写真を撮っていたら横で娘が「きれいな空!」といった。

はっきりしたスカイブルーじゃなくて、グレーに淡いブルーと白をさやさやと重

ねたような春らしい、どこかぼんやりした繊細な空。写真に撮ると青ざめて寒

々しく写るのだけど、実際は着てきた上着が暑く感じられるくらいだ。

15shide_kobushi_03

春は淡くてほのかに甘くて儚さとともにかなしみを含んでいてどこか何かが

ちょっと苦しく、そして瞬く間に過ぎ去る。母の笑顔も父の声もいずれみんな

消えてしまう。消える前のひととき、ふりかかる花吹雪の一瞬をとめたくて私

はシャッターを切り、目を閉じる。

そんな春がまたやってきた。

15shide_kobushi_02

|

« きょう、生きるに値する幻 | トップページ | 朝の柑橘 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょう、生きるに値する幻 | トップページ | 朝の柑橘 »