« 雨の渋谷で | トップページ | 栗のカッティングボード »

2015年1月 8日 (木)

炊き込みごはんとふろふき大根

15gomokugohan_2

うちのひとたちはなぜだか知らないけどシイタケ嫌いです。

でも筑前煮はともかく、お雑煮にシイタケは入ってたほうが絶対いいから、

今年はつくる私の特権で入れさせていただいた。ただし、控えめに。

それで余っていたシイタケで昨日、夕飯に久しぶりに五目炊き込みごはん

を作ってみたら、これがまたおいしい。なかに入れた具は鶏肉、シイタケ、

にんじん、タケノコ、油揚げです。炊き立てはもう釜飯みたいだった。

これならどうだ、といわんばかりに出したら、やっぱりこれくらいなら全然

OKみたいです。みんな、おいしいおいしいといって食べてました。

やっぱりお雑煮と五目ごはんと茶わん蒸しとシューマイには、シイタケは

必須だよ。でもって炊き込みごはんはやっぱり白米のほうがおいしいです。

さらにお正月のお雑煮用に買った大きな大根が半分以上残っていたので

これまた久しぶりにふろふき大根を作った。

煮た大根も男の人は嫌いな人は嫌いですね。

私は好きだけど。

15furofuki_daikon

厚く切った大根の皮を厚めにむいて面取りし、米のとぎ汁で透き通るまで

下ゆでしてから、薄味のだし汁でことことやわらかくなるまで煮て、特製の

味噌をのせてできあがり。お味噌はほんとはもっと色が薄くて甘めの味噌

のほうが合うのだけれど、家にあるのは私が作ったヒマラヤ岩塩を使った

色の濃い玄米味噌なので、それに適当な分量の酒、みりん、お酢、きび砂

糖少々にピーナツバター、すりごまをたっぷり入れて、フードプロセッサー

でガーッとなめらかになるまで撹拌して作ったのをのせた。いたって簡単。

ゆずがあったら味噌に果汁を混ぜて、最後に薄切りにした皮をのせると風

味豊かでよいけれど、ゆずがまた子供たちが嫌いなんだな。

ちょっと作るつもりがいっぱいできちゃったけど、このお味噌は湯豆腐にの

せてもいいし味噌田楽にも使える。

こういうのって、いわゆる『おふくろの味』系だと思うけれど、こういうごはん

が私はいちばんほっとするのです。とくに冬は。

それに温まる。

昨日夕飯にたくさん作った残りを今日の昼に食べて、こういうごはんを昼に

食べちゃうと夜はやっぱりまたパスタとかになっちゃうわけですが。

こんな日のおやつは、ナチュラルハウスでみつけて思わず買った昔懐かし

盛岡のくるみゆべしと三年番茶。

ああ、日本人に生まれてよかった。

15kurumi_yubeshi

|

« 雨の渋谷で | トップページ | 栗のカッティングボード »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の渋谷で | トップページ | 栗のカッティングボード »