« まるで彼女みたいな | トップページ | 今日の青 »

2014年12月11日 (木)

冬の顔

14ranunculus_01

今季初のラナンキュラス。

透き通るような淡いピンクと、震えるように繊細な花びらは冬のもの。

この時期、気温が下がるごとに研ぎ澄まされてゆく花の美しさを誰より

知っている花屋は、ただその美しさを愛しみ、その色を自分の手で束ね

たいばかりに暖房なしの過酷な冬も厭わないという。

健気な志。

それを見ているといつも、代償なしに得られるものなんて何もないんだ、

と思う。

淡いピンクのラナンキュラスにピンクサファイヤのようなスカビオーサ、

少女みたいな白のガーベラにユーカリ。これだけだとラブリーになりすぎ

るところを、とぼけた青のギリアと爽やかな緑のチューリップが抑えた。

14ranunculus_03

外は雨はやんだけれど部屋の中は暗くて寒い。

この週末は寒波がきて来週はもっと厳しい寒さになるという。

14ranunculus_02

|

« まるで彼女みたいな | トップページ | 今日の青 »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まるで彼女みたいな | トップページ | 今日の青 »