« ロバさんの話 | トップページ | 冬の顔 »

2014年12月10日 (水)

まるで彼女みたいな

14keiduka_masayo

その造形作家の作る人形の写真を見たとき、なんて彼女にぴったりな

作家を見つけてきたんだろう、と思った。

なで肩で細くて長い手足、伏し目がちな瞳。

ふわふわと空中を漂っているみたいな独特な浮遊感。

つむった目と細い腕は夢の中にいて何かを探すようでも、またもがいて

いるようでもあり、その癖、自分に向けられたそんな視線を元気な子ども

みたいにやんちゃに笑い飛ばしているようでもあり。

14keiduka_masayo_01

細くて小さな身体は頼りなげに見えて、妙に存在感がある。

まるで絵本の中から命をふきこまれて抜け出てきたみたいな存在感。

ポエティックでシュール。

まるで彼女みたいな。

14keiduka_masayo_07

これ、あなたに似てるね。

そういったら、やっぱりみんなにそういわれるって。

つまり自分のなかの何かがチューンしちゃったってことだよね。

14keiduka_masayo_04

この人形、首が長がったりデフォルメはされているのだけれど、何気ない

動きとか佇まいがとても自然で、それは確かな造形力によるものだと思う。

そして形だけじゃなくてこの鮮やかな色。

この色がどうやって作り出されるのか、私には興味のあるところです。

そんな理由もあって私が気になったのはこの赤い傘の女の子。

このふわりとした赤い傘の質感、すごい。

14keiduka_masayo_02_2

じっと見れば見るほど不思議な雰囲気。

いまにも生きて雨の中を歩きだしそうな。

14keiduka_masayo_03

いまコトリ花店に行くと店のあちこちにこの人形が置かれています。

作ったのは造形作家の経塚真代さん。

北海道札幌出身、札幌で活躍される若い作家さんだそうです。

コトリさんが今回の展示のお願いの電話をしたとき、ついに私も中央進出

ですか!!w(゚o゚)w と素朴でかわいらしい反応をされたそうで。

とても完成度の高い作品なので手に入れられないような価格かと思いきや

そうでもなくて、でもそれもいまのうちで、きっとあっという間に有名になって

しまいそうな予感がします。

14keiduka_masayo_05_3

東京での展示はもしかするとこれが初めてなのかな。

いつもは札幌でしか見ることのできない作品のようなので、これ好き! と

思った方はぜひコトリ花店さんまでお出かけください。

作品はぜんぶで9体入って現在(10日水曜)の時点で4体旅立った、という

ことなので、残り5体。ここに写真を載せた5人がお店の中にいます。

お店の隅のほう、花のあいだに隠れるようにしてコトリさんが自分で買った

人形も置かれていました。

14keiduka_masayo_06

今回初めての展示だったのでピックアップ・アーティストって感じで載せて

いますが、もちろん、いつものun jourさん、keinoglassさん、山口めぐみさ

んの素敵な作品にアトリエ・コナフェさんのナチュラルでおいしいお菓子、

プチミュゼさんのフランス雑貨なども並んでいます。

ユキイロ植物園は、あさって金曜12日まで。

14diamond

|

« ロバさんの話 | トップページ | 冬の顔 »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

ここに来たきっかけはオリジナル•ラブでの検索でした。矢野顕子のCD画像や花の写真、このページにあった人形たち、どれもびりっときました。言葉も。ステキなアンテナお持ちですね。そうきちさんのブログで知ってることや知らないことを見せてもらってドキドキ楽しみたいと思ってます。

投稿: にこじ | 2014年12月12日 (金) 16:39

にこじさん、こんにちは!

はじめまして。
メッセージ残してくださってありがとう!
びりっときましたか?(^-^)
うれしいな。

アンテナはね、頭のあちこちに立ってるみたいですよ。
それでときどきチクチクしちゃって。
娘に抜いてもらってます。
(たまには情報断食も必要みたいです。)

これからも、にこじさんのドキドキをたまに伝えてくれたらうれしいです。
どうぞよろしく♪

投稿: soukichi | 2014年12月14日 (日) 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロバさんの話 | トップページ | 冬の顔 »