« 秋の神代植物公園 | トップページ | バーディー! »

2014年10月22日 (水)

昨日の上町63

14basyamichi_02

音楽って実に繊細で精妙なものだな、と思う。

ミュージシャンとリスナーのその日の体調や気分ばかりじゃなく、天気や

気温や湿度といった天候や季節、その日のエネルギーや場のエネルギ

ー等々、いつもと同じ場所、同じメンバーで同じ曲をやってもぜんぜん聴

こえ方が違う。プレイヤーは毎回、楽曲のどこかしらにあたらしいアプロ

ーチをしてくるけれど、それが意図したとおりいくとは限らないし、仮に意

図したとおりにうまくいったとしても、リスナーがいい反応をするとは限ら

ない。それこそ、人の好みはまちまちだから。

だから現存する名盤といわれるアルバム、特にライブアルバムは、その

日その場のマジックみたいなものがはたらいた、本当に奇跡的な録音

なのだと思う。そして奇しくもその場に居合わせてそれを聴くことのでき

た人はなんてラッキーなんだろう! と思う。

リスナーはいつだってその瞬間を待っている。(潜在意識の中で。)

昨日の上町63は清水翠(vo)×馬場孝喜(gt)。

楽器はもちろんのことだけど、ヴォーカリストが自分の声をコントロール

するのって難しいんだろうな。心身の調子がもろに出てしまうぶん。

私が昨日いいと思ったのは『Song is you』と『Aquelas Coisas Todas』。

どちらも翠さんの長年のレパートリー。

長いあいだ、それこそ何百回も何千回も歌ってきた歌を毎回新鮮な気持

ちで歌って手垢のついてないヴィヴィッドな歌にするっていうのも実はとっ

ても難しいことなんじゃないかと思う。そして、このあいだに続いて昨日も

『Come Together』をやっていたけど、前にも書いたことのあるとおり私は

ビートルズのカヴァーはあんまり好きじゃない。なぜかというと女子高時

代に私にこの変なニックネームをつけたビートルズ狂の親友のおかげ

で死ぬほど聴いてその音が頭に叩きこまれているから。(でも前にリッキ

ー・リーのアルバムに入ってた『For No One』は悪くなかった。ああいう小

さな何気ない曲をやるところがいかにも彼女っぽくて、さすがわかってる

って感じで。)

よく「清水翠さんが好き」というとジャズヴォーカルが好きなんじゃないか

と思われることがあるけれど、実は私はジャズヴォーカル(特に日本の

ジャズヴォーカル)にはぜんぜん興味がなくて、ただ翠さんの歌が好き、

というだけなのです。

「翠さんはJAZZヴォーカリストっていうより、もう『翠さん』だよね。ジャン

ルに関係なく」と昨日、渋谷まで同じ電車で帰った二胡奏者の女性がい

っていたけれど、まさにそのとおり。彼女自身も演奏者というだけあって

彼女と音楽の話をしながら帰るのは楽しかった。

ちなみに毎度変わり映えのしない上の写真ですけど、上町63に行こう

と思ったら馬車道の3番出口(博物館口)から外に出て、出口を背にし

て進行方向まっすぐに歩き、この『平安堂薬局』を目印に右に曲がって

少し行くと、いまは夜はやってないけど『浜や』というお蕎麦屋があって

その向かいのビル(トラストワンビル)の地下です。

昨日は前からどうやって手に入れたのか聴きたいと思っていたトイレに

飾ってあるあまりに有名な1964年の東京オリンピックのポスターの話

からはじまって、マスターのアンティーク趣味が炸裂。どうやら店の随

所にさりげなくお宝が飾ってあるらしいので、アンティーク好きはこんど

行ったらそんなところに目を凝らしてみるのも一興かも。

昨日、私は所沢経由で行ったのだけれど、途中、練馬で池袋線に乗り

換えたほかは座ったまま馬車道まで1本で行けたから、電車の中で思

いきり熟睡してしまいました。時間に多少余裕のあるときだったら、あの

渋谷の混雑にあわずに行けていいかもしれない。

14basyamichi_03

この次、上町63で二人の演奏が聴けるのは来月、11月7日。

アルトサックスの山本昌広さんを迎えて、というのは初めてなんじゃ

ないかな。

|

« 秋の神代植物公園 | トップページ | バーディー! »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

ああ、街頭無料ライブのあった関内ホールのそばですね!
確かに、お店にいったら終わるのが夜遅くで帰るのは日付が変わってから?!みたいになりそうですね、
東京の多摩地区にもそんなジャズ喫茶店あれはいいねー、

投稿: やむちゃ!! | 2014年10月23日 (木) 21:08

やむちゃ!! さん、

そうですそうです、あの近く。
私たちもNEWSハーバーのLIVEをチラッと見た後、関内ホール前の
若い彼らの演奏もちょっと聴きました。
一生懸命で初々しかった。

で、上町から帰ってくるのはたいてい早くて午前1時ですね。
電車の遅延があったりするともっと遅くなる。
さすがに夜の往復3時間半は疲れます。
とくにこれからの寒い季節はめげちゃいますね。

多摩地区、ではないけれど、武蔵野なら、
吉祥寺にサムタイムがありますよ。
私はあそこ大好き。
サムタイムなら近いから帰りの時間もそれほど気にしなくていいし、
おいしいごはんも食べられるし、リラックスできて音もよいし♪
おすすめです(^-^)

投稿: soukichi | 2014年10月27日 (月) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の神代植物公園 | トップページ | バーディー! »