« お彼岸 | トップページ | Anniversary Rose »

2014年9月23日 (火)

夕暮れのライラックローズ

14lilac_rose_01

いつもにこにこ人あたりがよくて、すぐに誰とでも知り合いになってしまう

私はでもどこか人嫌いなところがあるのも確かだと思う。

くたくたになって帰り着いた私をベランダで迎えてくれたのは、ライラック

ローズの美しいつぼみ。

このばらは春にはうまく咲けなかった。

つぼみが開花するまでにとても時間がかかってしまうライラックローズは

不安定な春先よりも秋のほうが美しい花を咲かせる。

これから咲こうとしている健やかなばらのつぼみを見ているといつだって

しあわせな気持ちになる。ばらの波動に包まれてほっとする。

植物を育てている人はときどき人より植物のほうがいいと思ってる。

鉱物が好きな人はときどき人より石を見ているほうがいいと思ってる。

そして猫飼いはいつだって猫がいちばんだと思ってる。

私は文ちゃん(白文鳥)がほしい。

とりあえずばらだけはいつも私のそばにいる。

14lilac_rose_02

|

« お彼岸 | トップページ | Anniversary Rose »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お彼岸 | トップページ | Anniversary Rose »