« 夏の驟雨のあとに、虹。 | トップページ | 自分を浄化したい »

2014年8月16日 (土)

夏の花 *

14hanabiseibu_yuenchi_07

娘のアルバイト先はどういうわけかすごく多国籍で、わずかな日本人をぬか

せば中国人、モンゴル人、フィリピン人、韓国人、ベトナム人と、種々雑多な

国々の人たちが働いている。今年のいつだったか娘と同じ年の子供みたい

に小さなベトナム人の女の子が入って、その子がまだ日本に来たばかりで

ほとんど日本語がわからないものだから、いくら仕事のやり方を説明しても

「わからなーい」といわれて困る、というようことを話していた。なんでそんな

日本語もできないような子を雇ったの? と訊けば、マネージャーの知り合い

の子だから、ということらしい。

それで火曜日の夜は、その女の子が日本の花火を見たいといっているから

連れてってほしいとマネージャーから頼まれた、といって帰って来た。

花火といえばこの近くには西武園ゆうえんちがあって、夏のあいだは週何日

か花火を上げている。しかもそれはゆうえんちに入らなくても多摩湖の堤防

から見えるから、そこに連れてってくれればいい、といわれたのだけど、どう

やって行くのか忘れたから下見がてら前日に一緒に行ってほしいと娘はいう。

やれやれ。いろいろ手のかかる人だなあ、と思いながら、今日は夕方早めに

家を出て、外で夕飯を食べてから向かった。

西武園ゆうえんちは駅にしてたったの数駅先にある。

近所の駅に行くと、ホームには一見してこれから花火に行くとわかる親子連

れやカップルや、浴衣を着た若い女の子たちで賑わっていた。

西武ゆうえんち駅を降りると、ゆうえんちの中に入って行く人と多摩湖の堤

防に行く人と二手に分かれる。これなら先を行く人の後を着いて行っても迷

うことなく行けたと思う。

はじまる少し前に堤防に着くと、そこにはずいぶん前から来て待っていたら

しい人たちがシートを敷いた上や折り畳みチェアに座って、飲んだり食べた

りしながら、まだかまだかと夜空を見上げていた。

私たちも堤防の欄干にもたれて、花火の上がる方向を見ていた。

7時45分。花火がはじまる時間だ。

14hanabiseibu_yuenchi_01

14hanabiseibu_yuenchi_02

14hanabiseibu_yuenchi_03

14hanabiseibu_yuenchi_05

14hanabiseibu_yuenchi_04

14hanabiseibu_yuenchi_10

なんたって夏のあいだは毎週末の土日。

さらにお盆のあいだは平日も一日おきくらいに上げているから、花火が上が

っている時間はたったの25分。

だから、はじまったと思ったらあっという間に終わってしまうのだけれど、それ

でも久しぶりに見た花火はきれいだった。

どうやら見ていると、ジャイロタワーと呼ばれる回転しながら上る展望塔のよ

うなものが上がるのに合わせて花火を打ち上げているようだ。

あれに乗って、空の高いところから見る花火はどんなだろう?

最後の数発は大玉が続き、花火が終了したら誰からともなく拍手が起こった。

4階の家の窓からはあいにく花火の上がる方向に障害物があるせいで音だけ

しか聞こえず、音が鳴りだしたと思ったらすぐに終わるのでいつもしょぼいとか

思っていたけど、お金が無い割には西武ゆうえんちも頑張ってるな、と思った。

この近くに住んでるあいだ、来られるあいだはできるだけ毎年来ようと思った。

これならきっとその女の子も喜んでくれるね、明日も晴れるといいね、といいな

がら娘と元来た道を帰った。

娘とおなじ年でありながら親元を離れ、言葉もわからないこの極東の国でアル

バイトをしているその女の子にどんな事情があるのかはわからない。

でも、いつか娘にベトナムのインスタントラーメンをくれたので、かわりにお菓

子をプレゼントしたら、アルバイトの帰りに買ってくれたといって娘がヨーグルト

やらお菓子やらを持って帰って来たことがあった。これじゃ何にもならないじゃ

ないの、と思ったけれど、娘いわく、その女の子は「私の国ベトナムでは、お金

持ちも貧乏人もなく、等しくみんなで物を分けあうんです。だからいいの」という

ようなことを片言の日本語で話したらしい。うーん、ベトナムってそういう国だっ

たっけかなあ? とちょっと考えちゃったけど、彼女のそんな言い方はいいなと

思った。

日本の服は高くて買えないといって、どこで買うのかいつも200円とか300円

の服を着ている、と娘がいうので、私は自分の娘とその女の子用にTシャツを

2枚ずつ買った。彼女が日本にいるのがずっとなのかしばらくなのかわからな

いけれど、ベトナムの女の子にとってこの国やこの国の人たちが優しい印象を

残してくれるといいなと思う。

14hanabiseibu_yuenchi_06

|

« 夏の驟雨のあとに、虹。 | トップページ | 自分を浄化したい »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の驟雨のあとに、虹。 | トップページ | 自分を浄化したい »