« 鏡の中のイノセント・ボッサ | トップページ | ロメインレタスとベーコンのパスタ »

2014年6月 4日 (水)

夏仕様

14allium_moly_04

梅雨が来る前に部屋の中が完全に夏仕様になってほっとした。

お天気のいい週末に外出が続いたりしてしまえずにいたホットカーペットを片づ

けたら、すごくすっきりした。しまうといってもそれまでずっと敷いていたものを

ただたたんでしまえるわけではないから、毎年これがけっこうな重労働で面倒。

ホットカーペットなんて好きじゃないし電磁波が良くないといわれているんだか

らいっそやめてしまえればいいのだけれど、ホットカーペットなしでは寒いから

しかたがない。閉口したのは娘の部屋で、溜まった埃をきれいにするのに時間

がかかった。私だっていい歳の娘の部屋の掃除なんてしたくないし、娘だって

触られたくないものもあるだろうけど、そこがきれいにならないことには掃除が

完結しないのだからしかたがない。あちこちに溜まった埃を落とし、雑巾にミン

トの精油を垂らして水拭きし、大掃除並みの掃除をしたらやっと人間らしい部

屋になった。開けた窓から入る夜風にミントの香りが心地よかった。

毎日、朝起きると一番に精油を焚くのが習慣だけど、これからの季節いちばん

活躍するのがペパーミント。そして最近買ったのは和種薄荷。

昔からこの薄荷の香りが大好きだ。

子供のころの懐かしい、夏の香り。

ペパーミントにくらべてこの和種薄荷はメントールの含有量が多く、メントール成

分は身体を冷やさないで清涼感を感じられることから最近、注目されているのだ

そう。そういえば昔、父が使っていたシャンプーにも入っていたっけ。

ペパーミントも和種薄荷も単体だと香りが薄いので、ローズマリー、ラヴェンダー

フランキンセンス、マートルなどと一緒にディフューザーに入れて使う。

やらなきゃならないことはまだあって、布団カバーやシーツの洗濯、キッチンの

換気扇の油汚れ落としやお風呂のカビ取りなどいろいろ ・・・・・

6月は個人的にはまたデトックスの季節です。

掃除に断捨離、半年のあいだに自分の身内にも外にも溜まったいらないもの

を捨てて必要なものが入ってくるスペースをつくる。

これからの鬱陶しい梅雨の季節はこまめに水周りの掃除をしたり、晴れ間を縫

ってシーツや枕カバーを洗濯したり、香を焚いたり精油を焚いたり花を飾ったり

しながらいつも以上に植物に触れて、蒸し暑さで身体が鈍化したり、気持ちが

だれてしまわないように、できるだけ気持ちよく暮らしたいと思う。

ばらは花後の施肥の時期で、このあいだから2回に分けて水溶性マグネシウ

ムを撒いた。人にとっても植物にとっても鉄とマグネシウムは必須ミネラル。

鉢植えだと毎日の水やりでも土から栄養分が流れてしまうし、真夏の気温にな

るとばらはもう肥料を吸収できなくなってしまうから、まだ比較的涼しい梅雨の

季節に体力を回復させる必要がある。うどん粉病と同時に晴天の暑い日が続

いた後に一気にでてきたハダニ対策もしなければ。

ベランダにはまだこれから咲くばらもあって、もう何年も前にばら友達にもらって

翌年こそ美しい花を一度だけ見せてくれたけれど、それ以降は何年もすべての

枝が切っても切ってもブラインドになってしまっていた挿し木のアルンウイックロ

ーズに数年ぶりにつぼみがついた。

14rosebud_23

ちゃんと咲くことさえできればほんとうに美しいばらだから、とてもうれしい。

もうすでにうどん粉病が出てきてしまっているけれど。

14rosebud_25

それから、いつもとっても遅咲きのジュード・ジ・オブスキュア。

14rosebud_24

どれもまだみんなか弱いつぼみ。

若いころは、何をするにも才能優位に考えていたけど、最近は何をするんでも

才能以上に我慢強くやり続けられるかどうかだと思っている。

家族も仕事も家事もガーデニングも人間関係もその他もろもろ、すべて。

そして肩の力を抜いて楽天的に考えれば、花は咲くときゃ咲く、ってことだ。

もう雨が降ってきそうだけれど、明日の朝は早起きして窓を磨こう。

クリアになった窓から雨の風景を眺めたいから。

|

« 鏡の中のイノセント・ボッサ | トップページ | ロメインレタスとベーコンのパスタ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鏡の中のイノセント・ボッサ | トップページ | ロメインレタスとベーコンのパスタ »