« あの日のラタトゥイユ | トップページ | 雨の6月 »

2014年6月25日 (水)

Petit onion

14queen_of_sweden_01

昨日の雷と豪雨は凄かった。

それに三鷹市の雹!

空から突然、直径2センチの氷の玉が勢いよくバタバタ降ってくる恐怖ってなか

っただろう。いたるところ雪のように雹が積もって川は氷河状態。

もうずいぶん前から『異常気象も極まれり』といってるけれど、ついに地球は人

間をふるい落としにかかってるかな、と思う。

それにしても三鷹とここって距離的にはそれほど離れてないと思うのに、気象

はずいぶん違うんだなあ。こちらは雹が降ることはなかった。

でも梅雨に入ってからというもの、なんだか光がおかしくて、昨日雨のなかを外

に出ていって歩きながら梅雨空を見上げたら、まるでいまにも空の蓋がパカッ

と開いて、異次元に通じてしまいそうな感じがした。たしかに気とか波動とか何

かが変なのだけれど、私には特別な能力がないからその『何かが変』の『何か』

を言葉にすることはできない。

ただ一日中めまぐるしく気圧が変わるせいでなのか、首の後ろはもわもわしてる

し、耳の聴こえかたはおかしいしで不調だ。それに、なんだか眠い。

夕方になって辺りの樹木が鬱蒼と陰ってくるころにやっと落ち着いてくる。

今日はやっと伸び放題の髪を切った。

調子の悪いとき髪を切るってどうかと思ったけれど予約していたからしかたなく

行ったけど、切る前より気分も頭もすっきりした。

例によってお喋りしているうちにバサバサ切られて、すごく短くなった。

いつも私は「ニュアンスのある髪にして」というのだけれど、できあがったのを見

るといつもマンガチックなのはなぜ。私はきちっとし過ぎるのは似合わないから

という理由でいつもなんとなく寝起き風である。

家に帰って息子に「なんだかプチオニオンみたいじゃない?」というと、「うーん、

違うね」というから何かと思ったら「ブロッコリー!」だって。

アルバイトから帰って来た娘は例によって私を見るなり人の悪い笑い方をして

「いいね。ますます鳥の巣みたいで」という。

鳥の巣ね。ま、いいんだ。髪なんてすぐに伸びる。

今日も雷とゲリラ豪雨が凄かった。

美容師のJ君もめずらしく「この6月はひどく疲れてしょうがない。でも誰にいって

もみんな同じようにいう」といっていたから、少々冴えない日が続いてもしかたな

いのかな。

今日の1枚めはミニバラくらいの大きさで咲いたクイーン・オブ・スウェーデン。

これはこれでかわいい。

そして夕暮れ。

2枚めも切らなかった同じばら。

咲きはじめはアプリコットで、咲くとすぐにピンクになるのがこのばらの特徴。

14queen_of_sweden_02

|

« あの日のラタトゥイユ | トップページ | 雨の6月 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの日のラタトゥイユ | トップページ | 雨の6月 »