« オレンジはちみつ | トップページ | 風に舞う »

2014年4月 5日 (土)

春の野川で

14nogawa

何年ぶりだろう。

春の野川を友達と歩く。

初めて彼女にここに連れてきてもらって、野川の桜を見たときの驚きはいまでも

忘れない。都下とはいえ、ここが東京都内とは信じられないほど平和でのどかな

景色だった。

14nogawa_01

先日ひさしぶりに連絡したら「今年はあなたと一緒に桜を見られるかなってちょうど

思い出してたところだった」といってくれて、自分のことをそんな風に桜とセットで

思い出してもらえるなんてなんだかうれしいな、と思ったのだった。

14nogawa_02

たとえ京都の桜じゃなくたって、桜の見ごろのときにちょうどタイミングよく花見を

するのは難しい。ここ野川の枝垂れ桜は毎年ソメイヨシノの開花よりかなり遅れ

て咲くのだけれど、そういいつつ今年の気候からしてこのくらいの時期に咲くだ

ろう、なんて予測していると実際にはそれよりずっと先に咲き終わってしまって

いたりする。

去年は思ったよりとても早くて、気づいたときにはもう終わっていたそうだ。

14nogawa_03

今年はどうかというと、以前よりもだいぶ花のボリュームが落ちた気がするし、

花色も淡い気がするからまだ満開ではないのかとも思うけれど、都内の桜の名所

同様、ここの桜の樹もだいぶ年をとってきて弱ってきたのかもしれない。

人間が思う以上に桜が開花に使うエネルギーは凄いのだと思うから。

でも以前にくらべてさみしくなってきたとはいえ、この春の若緑とピンクの花の組み

合わせは、いつ見ても穏やかな暖かさに満ちたしあわせな景色。

14nogawa_04

風にゆれる春の妖精のような、はかない風情の枝垂れ桜。

14nogawa_05

14nogawa_07

14nogawa_08

今日はこれでもわりと人が多いくらいだけれど、ここのいいところはすべてが静か

でのんびりしていて、お花見名所にありがちな露店もなければ、桜の下にシート

を敷いて昼間から賑やかに飲食するような人たちがまったくいないこと。静かに

散歩しながら時折りカメラのシャッターを切ったり、邪魔にならないところにイーゼ

ル立てて絵を描く人がいるくらい。ただただ春の陽射しと気持ちのいい空気と緑

と桜を愉しめるところだ。こんなところは都内では滅多にないんじゃないかなあ。

今年は別の友達との目黒川の夜桜見物は成らなかったけれど、私は都心の河川

沿いのライトアップされた桜よりも、やっぱり昼間の光のなかで見る桜が好きだ。

14nogawa_09

一緒に行った友達はなんたって地元に住む人だから、このあたりのことは詳しい。

枝垂れ桜の並木を離れて、そのまま野川沿いに歩くことにする。

満開で散りはじめたソメイヨシノも、いまがピークのうつくしさ。

14nogawa_10

最近ぜんぜん『つくし』を見ないといったら、友達がとっておきの場所を教えてくれ

ました。2週間前に見たときにはたくさんあったという場所。

1人でランニングしながら道々せっせとつくしを探している友達の姿を想像したら

なんだか可笑しくなりました。さすが昭和生まれのこどもたち。

14nogawa_11

昔の童謡の歌詞通りの、春の小川。

水も透き通っていてきれいです。

14nogawa_12

まるで盆栽を大きくしたみたいに見事なフォルムの大島桜。

なんて素敵な樹。

さっきまで桜の樹の下で若い女の子と男の子が何かやりとりしていた。

14nogawa_13

柳も昔から好きだ。

したたる緑を見ていると泣きそうになる。

『Willow weep for me』を思い出す。

全ては過ぎ去ってしまう、消え去ってしまう、思い出。

でも、いまはただただ気持ちのよい空気を吸う。

14nogawa_14

彼女の好きなレンゲ畑も教えてもらった。

まだちょっとしか咲いてなかったけど。

レンゲも昔はどこにでもあったけど、いまはすっかり見かけなくなりました。

14nogawa_15

これも懐かしい。

オオバコ。

子どもの頃、どれだけ原っぱで遊んだことでしょう。

14nogawa_16

駅で会ってから3時間近く。

二人とも強脚なのをいいことに時間の経つのも忘れて歩き続けた。

それでもちっとも疲れてないのが不思議なくらいだけど、たーくさん歩いたあとは

すっかりお腹が空いて、前にも行ったことのある石釜ピッツァのおいしい店へ。

大きな薄焼きピッツァを2枚、ふたりでシェアして完食したあと、しっかりデザート

もいただきました。もうお腹いっぱい。

そして、それ以上に充足感でいっぱい。

今年は友達と野川の桜が見られてよかった。

大切な人と桜を見るというのは私にとってはとくべつなこと。

毎年、桜に願をかけている私。

なかなか叶わぬ願いなれど・・・・・・

14nogawa_17

桜の下ではお互いの家族のことを話していた私たち。

親が年老いていけば、同じように自分やきょうだいも年を重ねていけば抱える問

題も年々増えてゆくわけで。

でもいまこうやって、自分の撮った野川の桜の写真を見ていたら、ここの桜を見

せたいとずっと思っていた人たちのことを思い出した。生きていたら母や、それか

ら父や妹や友達 ・・・・・・

時間的なことや物理的なことでなかなかそれは成らないのだけれど、でもそれ

以上に私が人に何かを見せたいと思う気持ちは往々にして空回りに終わること

が多くて、やっぱり自分が美しいと思うものを一緒に共有できる相手はごくわず

かで、それ自体、稀有でありがたいことなのだと思う。

でも来年こそ連れて行こう、と思った瞬間に胸の奥がわずかに痛むのは、人が

有限の時間を生きてるからなんでしょうね、きっと。



|

« オレンジはちみつ | トップページ | 風に舞う »

season colors」カテゴリの記事

コメント

素敵な桜ですね。枝垂れ桜を見た記憶がない
私は、しばし写真をみて、うっとり。
東京にもこんなところがあるんだ!

投稿: ノブタ | 2014年4月 8日 (火) 19:54

こんばんは!
のどかですねー 開放感を思う存分味わいながら歩かれている
soukichiさんたちの姿が目に浮かぶようです。
野川あたりは昔何度か行きました。いいところですよね。
息子が歩けるようになったころ、家族3人で行きましたねー
三鷹に住んでいたので、車だと割と近かったんです。
息子はもう野川のことなど忘れているだろうし、もう一人はこの世にいないし
はるか昔のことのような気もします。

レンゲソウ、本当にみかけなくなりましたね。
子供のころ、近所には田んぼがけっこうあったんですが、そのうちのひとつが
緑肥だったのか一面のレンゲ畑になっていて楽しみでした。

あ、レンゲの下の写真、たぶん「スズメノテッポウ」だと思いますよ(^^;)
オオバコはもっとがっしりした感じで葉が丸いです。
http://www.e-yakusou.com/yakusou/072.htm
あれでよく引っ張り合いの勝負をしましたよね。なつかしい!

投稿: すみごん | 2014年4月 8日 (火) 20:55

そうきちさん
いい桜の散歩を見させていただきました。
以前そうきちさんの野川の写真と記事を見てずーっと惹かれていました。
多磨霊園にお墓参りに行った帰りバスの窓から野川のさわりをみていつもそうきちさんを思い出していました。
連れて行って貰いたい一人ですが、3時間は歩けない。
もう今年は無理ですね。次の桜の季節まで楽しみにしておきます。

投稿: mocyako | 2014年4月 8日 (火) 21:34

ノブタさん、そうなの。
どんな田舎かと思うでしょ。
でも私の住んでるところだって、ちょっと奥に行けば
あの『隣りのトトロ』の舞台の八国山ですから。
そして40分も行けば子どものころ遠足でよく登った山だしね。

東京と関西って桜の好みも違うんでしょうか。
東京はけっこういたるところで枝垂れ桜を見ますよ。
もっとも日本一桜バカなのは東京人だって話だけど smile

投稿: soukichi | 2014年4月 8日 (火) 23:39

すみごんさん、こんばんは!
そうでした、すみごんさんは三鷹に住んでらしたんでしたね。
すみごんさんは木が好きだから武蔵野はぴったりだと思う。

実は私、このあと帰り際に友達がおもむろに封筒とりだすから、見るなり写真だなってわかったんですけど、昔、彼女の家族と私と子どもとで西武園のアイススケート場に行ったときの写真でした。
花見の前日に旦那さんが「明日これ忘れずに渡して」ってくれたんですって。
計算したらなんと16年前!
息子は(いまと違って!)まだあどけなくてかわいいし、私の娘と彼女の2番めの娘は乳歯の生え変わりで2人とも前歯のないマヌケな顔で笑ってるし、自分たちはいまとは違うしで、懐かしいやら何やら、複雑な気分でした。
もうほんとに光陰矢のごとしですね。

それで、ご指摘いただいた写真撮るとき、「これも懐かしい! なんだっけ?」
と友達に聞いたら、「オオバコ! これでよく引っ張り合いっこしたよね」
というから、「ああ、そうだっけね」といったんです。
いいかげんよね、私って bleah

投稿: soukichi | 2014年4月 8日 (火) 23:55

mocyako さん、こんばんは!
まあ、そうでしたか。
いいですよ。声かけてくださいな。
来年お連れいたします(^-^)
野川の桜だけを見たいなら、3時間も歩くことはないんです。
駅からゆっくり歩いたらここまで15分ちょっとくらい。
そして着いたら川沿いに草を踏んでのんびり桜を眺めながら歩いて、
疲れたら堤の石段の上に座って休んで、お腹が空いたら近くの美術館の
なかにあるオーブンミトンさんという焼き菓子屋さんがやってるカフェで
ランチもできます。
春の陽射しがぽかぽか暖かい日だったらそれだけでもう最高!cherryblossom

投稿: soukichi | 2014年4月 9日 (水) 00:02

そう言えば、野川の枝垂れ桜見逃しました。でもこちらの写真で堪能できたので良かったです。石窯ピッツアの美味しいお店がどこなのか気になります(笑)

投稿: かの | 2014年4月13日 (日) 21:24

かのさん、やっほう♪ お久しぶり!
今年の桜も駆け抜けるようにあっという間に咲いて終わった感じですね。
ほんとにタイミングよくいいお天気の日にお花見をするのって難しいです。
だからこそグッドタイミングで見られたときはしあわせ感倍増します(^-^)

石釜ピッツアの店は、ここです↓

 http://www.giraud.co.jp/pappa/shop/pop_5.html

パッパパスタ三鷹店。
武蔵境駅の南口からバスで行く感じかな。
私たちも帰りは疲れたのでバスで駅まで帰りました。

店内は広いし、パスタもピッツァもおいしくてデザートも充実していてリーズナブルだし、ぜひ一度行ってみて!

投稿: soukichi | 2014年4月20日 (日) 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オレンジはちみつ | トップページ | 風に舞う »