« イイダ傘店のデザイン | トップページ | セツ展、明日から »

2014年4月21日 (月)

荒れ模様

14amadokoro

この花を見るといつもあることを思い出して可笑しくなる。

昔、子どもだったころ、両親と、母が仲良くしていた友達夫婦のおじちゃんとおば

ちゃんと飯能に山登りに行って、途中の川で遊んだり、林の中でシイタケを見つ

けたりタケノコを掘ったりしながら一日遊んだ帰り道、山道の脇に生えていた山

野草を見て、おじちゃんが「これはスズランだ!」といった。スズランが好きな女

ふたりは「えー、どれどれ!」と一瞬湧いたけど、葉っぱを見て「なんだか違うん

じゃないの」といった。でも男ふたりがこぞってこれはスズランだと言い張るから

シャベルで掘り起こしてもらって女ふたりは後生大事に抱えて帰った。

なんか違うような気がするけれど、といいながら庭の片隅に移植して、さて季節

がきて花が咲いてみたらやっぱりスズランじゃありませんでした、ちゃんちゃん。

という笑い話。「ほら、やっぱり違ったじゃないの!」と男たちが責められたのは

いうまでもない。

何かにつけて、かなり長いこといわれていたっけ。

楽しかった山登りの思い出。

そんななんでもない、平凡な一日のことをこの歳になるまで憶えているとは思わ

なかった。

腕に小さな刺青があって、ちょっととっぽいところのある人だったけれど明るくて

面白かったおじちゃんはとうの昔に亡くなり、遺されたおばちゃんは私の父より

年上の86。日本人の寿命もほんとうに長くなったものだと思う。

ちなみにこの花の名は甘野老(あまどころ)だそうだ。

それから、そのころ住んでいたアパートのまわりと、大家さんの大きな家のまわ

りを囲んでいた生け垣はすべてどうだんだった。満点星、と書いて、どうだん。

そこには小学校に入る1年前までいた。

いまでも、どうだんを見ると懐かしい。

今日は風が強くて天気は荒れ模様。

気圧がおかしくて頭が薄く痛むから、これはどこかで一雨くるかな。

14doudan

|

« イイダ傘店のデザイン | トップページ | セツ展、明日から »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イイダ傘店のデザイン | トップページ | セツ展、明日から »