« 2月が行く。 | トップページ | アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 »

2014年3月 1日 (土)

雨の三月

14snow_drop_01

雨ではじまった三月。

雨の日のプール。

こんな日に限って行きも帰りも荷物が多い。

でもいつもの土曜日と違うのは、今日は帰ると家に誰もいないってこと。

私にとっては滅多にない、貴重な1人になれる時間。

たとえ血のつながった家族といってもそれぞれ違った個性を持った別人格である

以上、ひとつ屋根の下にいればその個々に違ったバイブレーションが常に行き交

ってるわけで、それがときどきひどくうっとおしい。たまには自分以外のバイブレー

ションがまったく感じられないところにいたい、ときどき心底1人になりたい、と思う。

大体において近頃の子どもはどうしてこんなに家にいるんだ、私たちがあのくらい

の年頃のときには家になんかまったくいなかったのに、というのが同じ年頃の子ど

もを持つ同年代の女友達とのいつもの会話。どうやらこれも時代らしいけど。

今日は帰りにクラブのロビーでやっとあやこさんに会えた。

私と誕生日が一緒で母が生きていればおなじ年頃のあやこさん。

久しぶりにお喋りしながら毎年恒例の誕生日プレゼントを交換して、彼女がクラブ

のフロントに頼んでおいてくれた水(電解還元水)をもらって帰って来た。

14trim_water

あやこさんが、これでごはんを炊くとおいしいんだって、というから、やってみる、と

いったら、珈琲をいれてもおいしいらしいよ、というから、帰ってさっそくもらった水を

沸かして珈琲をいれた。買ってきたサンドイッチでめずらしく1人ごはん。

外は雨で部屋の中は暗いけど、電気は点けずにキャンドルだけ灯して。

昨日とどいたばかりのCDをかけて。

ふー、なんだか1人だとのんびりするなあ~

14late_lunch

テンポのいい曲になったらにわかに興が乗ってきて、「そうだ!」と食べてる途中で

ウッドブロックをとりだして音楽にあわせてコンコン!カカコン!と鳴らしたりして。

行儀悪いったらありゃしないけど、これぞ1人だからできること。

ああ、自由ってサイコー。

珈琲だっていつもよりのんびり味わえる気がする。

今日、あやこさんからもらったチョコレート。

さすが、私がチョコホリックだってわかったのかな。

14chocolate_02

そしてのんびり珈琲を飲みつつ頭のなかをよぎるのは、今晩はいかに買い物に行

かずに夕飯を作るかってこと。帰りも荷物が多くて雨のなか傘さしての自転車じゃ、

さすがにスーパーマーケットまでは寄れなかった。雨のなか、また出かけて行く気

にはなれないし、といって何も買い置きはないし。

・・・・・・ でも人間、思いきり考えたらなんとかなるもんですね。

ありあわせで玄米リゾット。

これも息子がいないからできること。

私の一日から三食の食事の支度がなくなったらどれだけ時間ができるかなあ?

夕方、洗った水着を干そうとベランダに出たらバラの新芽がいっせいに出ているの

をみつけて、ああ、今年もまたこの季節がやってきたな、と思った。

今年は石灰硫黄合剤の散布もできなかったけれど、バラはこれから切り戻しと芽

掻きの季節です。

14shinme

|

« 2月が行く。 | トップページ | アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月が行く。 | トップページ | アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 »