« 春はタンゴ | トップページ | 3月の食卓 * »

2014年3月29日 (土)

西荻散歩♪

14tasu_cafe

いつだったか、検索バーに『kusaさん』と入れて検索すると、私が探しているkusa

さんとは違うkusaさんのホームページがヒットした。

そこいらへんにあった紙に適当にボールペンで落書きしたみたいな家の絵に、

妙に白い余白ばかりが目立つようなそのトップページには小さな字で、

KUSA.喫茶 自家焙煎 coffee+pan. = flower, white air, a cup of coffeeee,

no music,ph.,tender foods, and "love words"花、白の空気、自家焙煎珈琲

音楽の鳴らない場所、インスピレーション、粉の味のするフード、そして「愛の気配」

とあったから、なんかいいなあ、と思って、ここにぜひ行ってみたい、と思ったけ

れど、どうやらその喫茶店は千葉の海の近くにあって、おいそれとすぐには行け

そうになかった。それでそのホームページをブックマークして、ときどきブログを

覗くようになって、先週の木曜の夜にたまたま見たら、『西荻窪の秘密スペース

「+cafe」さんにて一日kibicafeオープン』とあって、kusaさんの珈琲がそこで飲め

るとある。いつもだったら土曜日のその時間はプールで泳いでいる時間だけれ

ど、今週は第5週でプールはない。しかもPomme de terre さんのカフェはこの日

が最後だというから、これはもう行くしかない、と思った。いつものように1人で身

軽に行ってもよいのだけれど、しばらく会ってなくて気になっていた友達にメール

で連絡したら、即『行く!』と返事が返ってきた。やったね、ラッキー! 持つべき

ものは腰の軽い友達。

というわけで今日のランチは『たすカフェ』さんで。

それは西荻窪北口駅降りてすぐのビルの3階。

kusaさんが『秘密スペース』と書いてらっしゃる通り、知らなかったらこんなところ

にカフェがあるなんてきっとわからないと思う。そして駅前のビルの中だというの

に、一歩なかに入ると意外に広い空間。事前に奥が建築事務所だということは

調べて行ったのだけれど、なんだかちょっと不思議なリラックス空間です。

私たちが行ったのは午後1で、そのときは二組くらいのお客さんがいるだけで

いたって静か。おっとりした感じのいい女の子がオーダーをとりにきてくれました。

まずは友達が頼んだの。

はじめてなのでここのシステムがよくわからないのだれど、これはkibi cafeさんの

ランチプレートなのかな。

14tasu_cafe_01

そして私のはこれ。

いつもだと、ごはん好きの私が上のランチを選びそうなところだけれど今日は

ミニベーグルがのったポムさんのプレート。

14tasu_cafe_02

アラビアのお皿にのってるところもいいな。

こういう小さなアンティパストがいろいろのってるみたいなプレート、大好きです。

これを家でやろうと思ったら大変。どれもとってもおいしかった。

そして意外にも(?)お腹いっぱいになった。

食後は待望のkusaさんの珈琲を。

14tasu_cafe_03

でもね、見た瞬間に思ったけれど、この珈琲は私には薄すぎた。

たぶん私のいれた珈琲は少なくともこの3倍は濃いし、ガラスのカップに入れても

こんなには透けないんじゃないかなあ?

でも友達はこの薄い珈琲に砂糖とミルクを入れてたから、私の濃ゆい珈琲は飲め

ないかもしれない。おいしい・おいしくないというより紅茶みたいに薄くて私にはな

んだかよくわからなかった。香りはとてもよかったけれど。残念。

でも、はじめて来たとは思えないほど非常に居心地がよかったのと久しぶりに会う

友達だったのとで話が尽きなくてすごーく長居をしてしまいました。

ハッと気づくと店内には私たちだけ?

14tasu_cafe_06

14tasu_cafe_05

14tasu_cafe_08_2

ここ、西荻窪の駅前の雑多な場所にあるカフェの割にはすごく静かなのです。

たしか音楽もかかってなかったような。

私は西荻で仕事の待ち合わせをすることはないけれど、ここは仕事でも使えそう。

帰りにお土産にkusaさんの深入り珈琲豆と、kibiさんのきなこのほろほろクッキー

を買いました。

14tasu_cafe_07

そして+CAFEさんを出て、散歩でもしようと歩いていて面白い花屋を見つけました。

ブルー・ウォーター・フラワーズ。

14florist

このお花屋さんはいままで見たことないほどユニークで、かなり個性的なお花屋さ

んだった! とにかく植物を使ったアイディアがすごくて、店の中にも外にも植物で

作ったペンダントライトがたくさんぶら下がって、中はもうジャングルみたい。

そして、やっぱりここも精油を焚いているのか、店の中に入るといい匂い。

店頭で、小さなポット苗を買おうとしていたお客さんの相談にすごく親身にのって

いた店員さんの雰囲気も好感度大。

14florist_01

珈琲がおいしくて居心地のいいカフェに、品揃えに知性を感じるいい本屋、おいし

い焼き立てパンが売ってる店にセンスのいい花屋、それだけでも文化のある町だ

と思うけど、西荻はそれ以上に楽しい町だと思う。花屋だけでもなんだかいろいろ

ありそうなので、もう少し歩いてほかにも探してみることに。そして次に見つけたの

は一軒家をそのまま花屋にしたような、外観からして素敵なエルスール。

14florist_02

店の白い窓枠を覆うばかりの緑、店頭で屋根からしだれるように咲いた大きな

ミモザの木も素敵。そして店の中には『わがままなほどのこだわりで選び抜かれ

た花たちが息づいている』というだけあって、ふつうの花屋にはないような繊細な

花たちがたくさんセレクトしてありました。

ここで友達は淡いピンクが素敵なジャスミンのポット苗を購入。

実は私は今月も来月もプアなのだけれど、考えた末に小さなブーケを買いました。

14florist_03_8

休日に久しぶりの友達と会ってのんびりランチに珈琲。

わずかばかりのお土産と花束を持って夕暮れの街を歩くのは、ささやかだけど贅

沢な気分。この歳になると何年も会ってない友達に会うのは「会っていない間に

一気に老けこんで元気がなくなっていたらどうしよう」という気持ちと、その反対に

自分が相手にそう思わせてしまったらどうしよう、という気持ちで会うまではなんだ

かちょっと心配なのだけれど、今日会った友達は昔と変わりなくキレイで元気で、

相変わらず食いしん坊でよかった。今年スイミングを始めたのは私の影響もあっ

た、という彼女。久しぶりに会っても以前となんら変わりなく会った瞬間から屈託

なく話せて、いくらでも話題が尽きない楽しい友達ってほんとにホッとするし、あり

がたい。またすぐに会おうよ、ということになって、次は彼女の近所の遅咲きの桜

を見る約束をして別れたのでした。

午後6時半。

ほんとに日が長くなりました。

今日、エルスールさんで買った花束。

14table_flower_07

色違いの覆輪のラナンキュラス2輪と薄紫色のパンジーと白のスゥイトピー。

エルスールさんはお店の雰囲気もお花のセレクトもよかったけれど、お店の人は

無機質、とまではいわないまでも、あまりいい感じではなかったような。でもなぜか

街の花屋さんって、そういう現実的な雰囲気した人、多いね。

花屋がどれだけ大変な仕事かはわかってるけれど、日用品のタワシを売ってる

わけじゃないのだから、できれば花屋はロマンチストであってほしい。その点、家

の近所の老舗の花屋の年配の女性オーナーはいつも物腰がやわらかく優しげ

で、ただそれだけでロマンチックに見えるし、(言外に、何も買わなくてもいいから)

前を通りかかったら僕に声をかけてください、という花屋の彼はロマンチストだ。

それほど素敵とはいえないロケーションにあって、小さいスペースながらも唯一

無二のロマンチックな空間を作りだし、丁寧な接客をしているコトリ花店さんは

いい仕事をしていると思う。

たいていの場合、私が花屋にオーダーするのは高価なギフト・フワラーではなく

食卓に飾るわずかな花なのだから、私が花屋に求めているのはアーティスティッ

クな花をつくるアーティスト然としたフラワーデザイナーではなくて、やさしい花で

日々気持ちのこもった接客をしてくれるふつうの花屋なのだけれど。

それを毎日やれている花屋はたぶん、そんなにはいなさそうだと思う。

花屋ひとつとってもフィットする店ってなかなかない。

それだけに気の合う友達ってほんとうに大事。

久しぶりに思いきり喋って思いきり笑った楽しい休日。

|

« 春はタンゴ | トップページ | 3月の食卓 * »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春はタンゴ | トップページ | 3月の食卓 * »