« MULL HOUSE | トップページ | ギリア »

2014年2月21日 (金)

寒ひじき

14hijiki

このあいだ友達から寒ひじきをもらった。

この寒ひじき、1月のわずか数日しか獲れないもので、春の季語のひとつにも

なっているようだ。

写真のひじきは大分県産。

友達はこの時期毎年、大分に親類がいる友達から分けてもらっているのだそう。

袋の中に添えられた紙には、これを作った人の写真入りで『私が作っています』

とあり、『1月に収穫した寒ヒジキをしゃきしゃき感を残し、堅めに仕上げました。

戻したものを湯通しして、サラダでお召し上がりください。』とある。

今朝、さっそくサラダにしてみました。

14hijiki_02

ひじきとミックスビーンズとトマトとカイワレのサラダ。

ぬるま湯に30分くらい漬けて戻したひじきを湯通しして水切りし、大きいとこだけ

細かく切って、缶詰のミックスビーンズとカイワレとざく切りトマトをボウルに入れ

オメガオイル、ハーブソルト、有機りんご酢、コショウ少々で和えただけ。

これにパンとクリームチーズと珈琲が今朝の朝食。

ひじきというと和食のイメージだけど、サラダで食べてというだけあって磯臭さが

ほとんどまったくなく、とてもやわらかくて、イタリアン風味でもまったく違和感なく

パンのつけあわせでおいしく食べられました。

こういう乾物はビタミン・ミネラル補給には貴重な自然食品であり、島国ニッポン

の古来からの知恵。大事にしたいです。

でも驚くべくは、一年でもっとも寒い時期の海でひじきを収穫して加工しているの

が、写真のようなおばあちゃんだということ。

考えるとすごいよね。

冬の貴重なカルシウム源。

ありがたくいただこうと思います。

14hijiki_01

|

« MULL HOUSE | トップページ | ギリア »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MULL HOUSE | トップページ | ギリア »