« すみれの花の砂糖づけ | トップページ | A Perfect Day for" Yukimi-daifuku" »

2014年2月 8日 (土)

大雪の日

14snowy_day_01

布団の中にいるときから外に雪が積もっているのはわかってた。

下の舗道を通る車のタイヤがくぐもった重い音をたてていたから。

起きてベランダに出るとすごい雪だ。

しかも長いこと見たこともなかったようなパウダースノー、粉雪。

これは積りそうだ。

いちおうプールに行くつもりでそういう時間に起きたのだけれど、今日は無理そう

だなと思っていたら、しばらくしてスイミングクラブから電話がかかってきた。

今日は全館休業となったのでスイミングもお休みです、振り替えについてはまた

後日お知らせすることになると思います、という。振り替え? もう10年以上もや

ってるけど、こんなことってスイミングをはじめて以来。

昨日のうちから娘は学校を休むことにしていたし、今日は午後になればなるほど

風が強くなって猛吹雪になるってことだったから、雪が降り積もって身動きできなく

なる前に買い物に行ってしまおうと食事の後すぐに娘と家を出る。

驚いたことに、家のドアをあけたら部屋の前から階段、踊り場まですでにかなりの

雪が降り積もってる。そして横殴りの雪。・・・・・・ もうすでに吹雪だった。

ちょっと寄り道していこうと脇道を入って水道道路に出ると、ここはいったいどこ?

というくらい、あたりいちめん雪景色。

14snowy_day_02

四方八方から雪が飛んでくるものだから、カメラを出すのも危険なほど。

14snowy_day_03

ちょうど向かい風だったから雪をもろにかぶってしまって、この道を行くのはすぐに

あきらめた。

雪のなかで鮮やかな紅椿。

14snowy_day_04

娘いわく、昨日は長蛇の列だったというスーパーマーケットも今日はガラガラ。

買い物をすませて外に出るといつも猫だらけの公園にも猫の姿は一匹もいない。

いったいこんな日、ノラたちはどこにいるのやら。

14snowy_day_06

いつもの道だってこんな風。

どこが車道でどこが歩道かわからないくらい。

14snowy_day_07

全身すっかり雪でまっしろになりながら、娘も私も家に帰ったら今日はコトリさんに

借りた映画のビデオでも見ようと思っていたのに、娘は職場から「学校が休みなん

だったら早く来て!」といわれたとかで、夕方、吹雪のなかアルバイトへ。

14snowy_day_08

それを右手に見ながら私は自治会に雪掻き用のシャベルを借りに行った。

私が住んでいる住宅の階段の人たちは誰一人雪掻きをする気配がないから、こう

なったらもう自分でやるしかない。すでに1階の階段は階段じゃなくなってスロープ

と化してるし、このままだと娘が帰ってくるころには上れなくなってしまうから。

14snowy_day_09

それから、吹きつける雪でびしょびしょになりながら鼻水たらしながら4階から下

までひたすら雪掻きすること1時間半。

終わるころにはすっかりグロッキー。

腰にきました。

ふう、やれやれ。

雪国の人の気持ちがちょっとだけわかった日。

ここで一句読めたらいいんだけど、もうそんな余裕もなし。

ヤワな東京人なんてこの状況が3日も続いたらもうアウトです、たぶん。

 

|

« すみれの花の砂糖づけ | トップページ | A Perfect Day for" Yukimi-daifuku" »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すみれの花の砂糖づけ | トップページ | A Perfect Day for" Yukimi-daifuku" »