« DANCE TO THE ONE ~A Tap Dancer's Journey~ | トップページ | アネモネ、ひらきはじめた。 »

2014年1月21日 (火)

冬の花屋

14january

午前中は明るい陽射しがさんさんと射していたから今日はあたたかい日になると

思っていたのに、午後からしだいに雲がでてきて一気に寒くなってしまった。

冬の花屋に行くには重装備が必要だ。

ウールリネンだのカシミアだの、たくさん重ね着してコトリ花店に行くと、いつのま

にか庭の池にも氷が張ってて、靴の先で押してみると私が乗ってもだいじょぶそ

うなくらい中までカチコチに凍っている。

季節は真冬。これからひと月くらいが1年でもっとも寒いときだ。

陽射しがないだけで花屋もすっかり冬の様相。

14january_04

14january_01

14january_07

こんなだから、まだとでも『春』という感じではないのだけれど、そう遠くない未来

への憧憬でしょうか。

ただいま、コトリ花店さんでは、昨年の『ルミエールの子どもたち』の続編となる

イベント、『春にして君を想う』~ルミエールの子どもたちから~、開催中です。

中西美香さんによる映像や写真(写真を加工した作品)に、コトリ花店の店主で

ある永島理夏さんがつくるお花のコラボレーション。

14january_06

店のあちこちにはこんな風に映像が埋め込まれて、冬の大気のなかではかない

またたきを放っていました。

14january_02

二人が紡ぎだした物語が、これから時間とともにどんな風に変遷してゆくのか、

楽しみです。

14january_08

今日は早々に帰るつもりが、赤いほっぺのマトリョーシカみたいな球根乙女が

やって来て、しばし歓談。

北風が強くなってきてますます天気があやしくなるなか、私はろくろく展示も見

られずに、きゅっとつぼみのアネモネ一束買って帰ってきました。

寒い冬でも、ここはいつもサンクチュアリ。

14january_03

お隣りのクスクスさんが撒いたのかな。

デッキテラスにコトリのエサ。

ヒマワリの種まであるってことは、インコも来るってこと?

14january_05

今日も寒風吹きすさぶなかぶっ飛びで帰り、花を生けて珈琲をいれる。

久しぶりに花のある食卓。

一束のアネモネで部屋の気が変わる。

今日、私は大事なことを思い出した。

なんど聞いても自転車で走って家に帰るころには忘れてしまうのだけど、うっすら

産毛の生えたかわいい葉っぱは、ダスティミラー。

14january_09

|

« DANCE TO THE ONE ~A Tap Dancer's Journey~ | トップページ | アネモネ、ひらきはじめた。 »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DANCE TO THE ONE ~A Tap Dancer's Journey~ | トップページ | アネモネ、ひらきはじめた。 »