« 毎年恒例 | トップページ | しあわせは、きみをもっと知ること »

2014年1月 3日 (金)

三が日

13osyougatsu_03

2日に実家で半日おせちを食べることを考えて元旦の夜にはキーマカレーを、2日

の朝にはもうパンを食べてしまった我が家です。

三が日の今朝は余ったおせち。

そう考えるとお正月三が日のあいだに3回、ないし2回で食べきれるぶんの少量

のおせちを自分で手作りするっていうのもけっこう面倒なことだな、と思う。

現に自分で作ったものは黒豆にしてもなますにしてもまだけっこう余ってるから。

とくに我が家はお酒を飲む人がいないからなんだかつまらない。

それで、こういう風だからやっぱりおせちは一般家庭からすたれるいっぽうなんで

しょうね。

暮れに会社の同僚と、こうなったら『料理上手のばあばと作るおせちのワークショ

ップ』みたいのに重箱持参で参加して重箱いっぱいにして帰って来る、とか、毎年

おせち一品持ち寄りで友達みんなと新年会をやる、とか、もうイベントにしちゃった

ほうがいいのかもね、と話した。

でもまあ、こんなことも考えようで、いまのおせちからできるだけおかずにならない

甘いものをはずして、お総菜寄りのものを増やして見栄えよく重箱に詰めればお

せちでありながらふつうにごはんのおかずになるかもしれない。

などなど、おせちのことを考えるのもせいぜい暮れかお正月のわずかなあいだで

『鉄は熱いうちに打て』なので、いま頭にあるうちにいろいろ考える。

かつては一家の主婦がお正月くらいは台所に立つ回数を減らして少しは楽がで

きるようにと考えられたのがおせち、ということだけれど、日がなおせちだけを食

べてるわけではない現代ではあまりその恩恵に浴することはできなさそうだ。

しょせん、主婦には365日休みはなし、というところかな。

 

|

« 毎年恒例 | トップページ | しあわせは、きみをもっと知ること »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎年恒例 | トップページ | しあわせは、きみをもっと知ること »