« 小春日和 | トップページ | りんごジャムを作った。 »

2013年11月27日 (水)

銀の実を食べた

13ginnan

昨夜つくった秋の五目ごはん。

どこが秋かといったら銀杏が入ってるところかな。

昨日、スーパーで銀杏を買おうと見たら、同じ大きさのパックで殻のままのが

198円、硬い殻を剥いて薄皮だけになったのが398円で売っていて、同じ量

で高いのはやだなと思って殻つきのを買って家に帰り、皮を剥くのを娘に手

伝ってもらおうと思ったら「面倒くさいな。これなら200円多くだして殻なしのを

買ったほうがよかった」といわれちゃって、小さかったころはなんでも面白がっ

てやる子だったのに、いつのまにか大人になっちゃったんだなあ、と思った。

でもね、薄皮だけになってるのの薄皮をどうやって剥くのさ、と思う。

ネットで検索したら、鍋に沸かしたお湯に銀杏を入れて、お玉で転がしてる

うちに取れるとあったけど、それより殻つきのままフライパンで転がしながら

炒るようにして、殻が熱いうちにペンチで割って取ったほうが簡単にきれい

に取れると思うよ。1割か2割くらい、なかなか取れないのができるけど、

でもこっちのほうがずっと早い、と思う。

子どものころ、やっぱり母の手伝いで銀杏の皮を剥いた。

たいていは茶碗蒸しを作るとき。

私は母の作る銀杏の入った茶わん蒸しが大好きだった。

でも時代は変わって、うちの子たちは茶碗蒸しが好きではないから家では作

らない。寒いときの茶わん蒸しはあったまるんだけどなあ ・・・・・・

それから、けんちん汁を作った。

五目ごはんとけんちん汁は具材がかなりだぶるから、同時進行で作る。

これを作ると「冬だなあ」と思う。

大鍋にいっぱい作って、ふつうに食べるのに飽きたらここに焼き餅を入れる。

すると昔『みつばち』で食べた『田舎雑煮』になる。大好き。

今日は昨日から一気に12度も気温が下がって寒くなるということだったけど

昼間はそれほどでもないと思っていたら日の暮れから一気に冷えてきた。

『銀の実を食べた』は、大島弓子のマンガのタイトル。

13kenchinjiru

|

« 小春日和 | トップページ | りんごジャムを作った。 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小春日和 | トップページ | りんごジャムを作った。 »