« ブレッドナイフ | トップページ | にわか雨のちSOMETIME »

2013年11月 3日 (日)

Anniversary ☆

6eme_02

花屋をやろう! と決意して始めるのも勇気がいってきっと大変だったと思う

けど、それを続けていくのはもっと大変です。

それこそ雨の日も風の日も嵐の日も真夏の暑いときも真冬の凍える季節も

体調がいいときも悪いときも花が売れるときも売れないときも元気なときも

落ち込んでいるときも家族に何かあったときも仕事でミスをしたときや配送

事故があったとき、お客様から手痛いクレームをもらったときだって、いつも

どおり感じよく、美しい花の気であふれた居心地のいい花屋でなくてはなり

ません。石の上にも3年、という言葉があるけれど、コトリ花店は今年この

11月で開店6周年を迎えるそうで、1日から小さなフェアをやっています。

いつもこの時期は仲のいい作家さんたちとフェアをしているから今年もそう

なのかなと思っていたら、今年はそういうことはなく、いつもどおり1人でやっ

ているそうす。そんなところを見ても6年の歳月でやっと肩の力が抜けて、

無理に頑張りすぎることなく、自分のペースで自分がもっともやりたいことを

できるようになったのかな、なんて思います。

継続は力なり。

されど継続してゆくことほど難しいことはありません。

でもコトリ花店は6年めにしてますますたくさんの方から愛される花屋になり

つつあるようです。

理夏さん、お疲れさま!& おめでとう! 

そして、ますます自分の思うフローリストに。

6eme

今年のアニヴァーサリー・スペシャルは羊毛・キャンドル作家のun jour さんと

コラボレートして作ったアニヴァーサリー・キャンドル だそうです。

巣のなかの6羽の小鳥と枝についた6枚の葉っぱ、いつもながら素敵なラベル

はbonetunerec.design さんによるもの。

6eme_01

そして、理夏さん自らブレンドした3つのテーマのオリジナル・ハーブティー。

6eme_06

このところずっと寝つきの悪い私は Sleeping Forest を買いました。

レモングラスにミントにカモミール、それにジンジャーとドライオレンジをちょこ

っとだそうです。

6eme_04

それとキャンドル。

6eme_03

このキャンドル、芯が変わっていると思ったら天然の木を使っていて、静かな

空間で火を灯すと、ごくわずかだけれど木が燃えるパチパチという音と微か

に木の香りがするのだそうです。そして、木の芯はふつうの芯より燃えかたが

とても遅いので、見た目の大きさよりずっと燃焼時間が長いそうです。

静かな冬の夜を暖かく灯してくれそうなキャンドル。

冬のいつもよりちょっと長い休日のために大きいのも買っておこうかな、なん

ていまから思っています。

6eme_03_2

『nest』、巣、すみか、人にとってはhome 家がテーマのコトリ花店6年めの

とくべつな11日間は今月1日から11日まで続きます。

冬を彩るひそやかな花の息吹と安らげるnestを求めてぜひお出かけください。

帰り際にアリウム・モーリーの小さな球根をひとつ、もらいました。

6eme_05

いま植えると春には黄色い花が咲くそうです。

たのしみ *



|

« ブレッドナイフ | トップページ | にわか雨のちSOMETIME »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレッドナイフ | トップページ | にわか雨のちSOMETIME »