« 遊園地気分でアメリカンドッグ | トップページ | おじいちゃんの夏の帽子 »

2013年8月13日 (火)

夏の風物

13kakigori

朝1にひとりで映画を観たあと、最寄りの駅で娘と待ち合わせして今年も武蔵野

茶房にかき氷を食べに行った。

今日も外はものすごい暑さで絶好のかき氷日和。

さんざんメニューを見て迷った末に娘が選んだのは去年と同じ黒蜜ミルクのかき

氷だった。私ももちろん、同じ。

店は相変わらず混んでいて少ないウェイトレスが忙しそうに動き回るなか、しば

らくしてテーブルに運ばれてきたかき氷は竹筒の器に入って何やら涼しげ。

スプーンに添えられた一輪の花もいつもながら趣がある。

でも見た瞬間「あれ?」と思ったのは、まず初めてオーダーしたときは「わあ!

食べきれるかなあ」と思うくらい大きくて山盛りだったのが、その3分の1くらいの

大きさになっている。それに去年まではどこまで食べても飽きることがないくらい

惜しげなくたっぷりとかかってた黒蜜と練乳ミルクが表面にさらっとしかかかって

ない。結果、途中から何もかかってないただの白い氷を食べなきゃならないこと

になって、これって全然ちがうよなあ、こういうマイナーチェンジっていけないよね

と娘と二人してがっかりしてしまった。こうなるともうここへは来ないか、あるいは

もしまたかき氷を食べに来るとしたらこんどは自分で黒蜜と練乳ミルクのチュー

ブを持ってきてかけるしかないね、なんて冗談をいいあった。

今年の夏も何も夏らしいことをしてないからと思ってせっかく来たのに、なんだか

残念なことになってしまった。でも何が残念って、やっぱり新宿『みつばち』がなく

なってしまったことかなあ。あそこのクリームあんみつはほんとうにおいしかった

し、『嵐山』っていうかき氷も迫力があった。いまは湯島の本店だけが残ってるみ

たいだけれど、甘味を食べるためだけに湯島まで行くこともそうそうない。

これはやっぱりあたらしくかき氷のおいしい店をみつけるしかないかな、と娘に

いったら、家で作ったほうが早いんじゃないの、というから、かき氷の氷は家庭の

冷蔵庫で作る氷とは全然ちがうんだ、といった。

かき氷、といえば、映画『めがね』の中でさくらさんの作る『あずきかき氷』がすご

くおいしそうだったなあ!



|

« 遊園地気分でアメリカンドッグ | トップページ | おじいちゃんの夏の帽子 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

それはちょっとひどいですね。竹の器に入って、見た目はとても素敵ですが…
かき氷、食べに行きたいけど、暑すぎて出かけるのがおっくうになってしまいます。
鯛焼きやゆいさんのかき氷、国立のみもざで食べられますが、駅から遠くて、躊躇しています。
ゆいさんのかき氷、去年初めて食べて感動しました。

投稿: かの | 2013年8月20日 (火) 09:05

かのさん、
メッセージどうもありがとう!
たいやきや ゆいさんのかき氷、見ました!
すごくおいしそう!
ゆいさんのことは国立ゆる市やほかのイベントで何度かお見かけしたことあるけれど、いつでも長蛇の列で買えたことはなく。。。
でもこのかき氷は、いまはみもざさんで食べられるんですね。
駅から15分ってそんなに遠い?
でも暑いなか歩いて行っておいしいかき氷食べたら、それはそれですごくおいしいんじゃないかなあ!
・・・というわけで、私は大いに行く気になってます(^-^)
素敵な情報ありがとう♪


投稿: soukichi | 2013年8月20日 (火) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遊園地気分でアメリカンドッグ | トップページ | おじいちゃんの夏の帽子 »