« 酷暑のなかで | トップページ | 『レオ・レオニの絵本の仕事』展に行ってきた。 »

2013年7月14日 (日)

夏の朝のカポナータ

13capunata_3

昨日プールからへとへとに疲れて帰ってきて、買ってきたパンと珈琲で遅いお昼をす

ませたら、もう夕飯を作る気がなくなって、今日は簡単にパスタでも作ろうと思った。

でも、そう思ってからここ数日体調不良のせいでろくろくちゃんと食事を作ってなかった

ことを思い出し、だいたいにおいて食事を作る気がしない、食べたいものが何も浮か

ばない、あんまり食べる気がしない、なんてところからしてもうなんだか夏バテみたい

だし、精神的に負けてるじゃないかと思ってそれじゃイカンと気を取り直し、口笛を吹

きながら洗濯をして、掃除をして、シャワーを浴びてもう日も暮れて暗くなるころ買いも

のに出た。

このあいだから友人のあいだでもスイミングクラブでも、暑くてキッチンで火を使いたく

ないから食事は冷たいものばかり、あまり食欲がないから食べない、という話を聞く。

テレビをつければ『暑さに打ち勝つための激辛料理』、ラジオを聞いていれば『ゼロ度

に冷えたコーラ』とかいっていて、世の中どうかしてるな、と思う。

猛暑続きで身体が消耗して胃がやられてるときに、口に入れただけで辛さで顔が歪

むような唐辛子で真っ赤な激辛冷麺なんか食べてなんの栄養になるかと思うし、冷た

い炭酸も同様。炭酸は冷たいうえに糖分がすごいからますます胃がやられて、お腹が

ふくれるからますます食欲がなくなる。炭酸で良いのは甘くないガス入りミネラルウォ

ーターくらい。お風呂で入浴中にスパークリングウォーターを飲むと代謝が上がって疲

れもとれやすくなる。

まだ7月の半ばだというのにいまから夏バテしそうなこんな酷い夏を乗り切るには、い

かに疲れないように食べるかがカギじゃないかと個人的には思う。

いかに身体に負担をかけずに栄養をとるか。

まず食べすぎない、ということが大前提で、胃に負担になる脂っこいものや冷たいもの

をできるだけ避けて、消化によい野菜と雑穀中心の温かいものを食べる。飲みものも

水以外はできるだけ温かいものを飲む。一日一回の玄米食を励行する。ボリューム

があってカロリーの高いものや甘いものは昼のあいだに食べて夜はあっさりめでバラ

ンスのよいデトックスごはんを少しにする。1夕飯を少しにすると朝お腹がすいて目が

覚めるからいい。

とこんなことを考えて、昨夜は玄米の牛肉しょうが混ぜご飯とあさりのお味噌汁、きゅ

うりの酢のものといんげんの胡麻和えと寄せ豆腐にした。見た目にはもう一品、焼き

魚でもほしい感じだったけど、実際はこれくらいでちょうどよかった。

そして、少々食欲のない朝でも食べられて野菜いっぱいのメニュー、と思ってみつけた

のがこのカポナータ。

これは私もレシピ本を持ってる『行列ができるイタリアン・レストラン、ラ・ベットラ』で有

名な、落合シェフのレシピだそうです。

というわけで、以下、自分の覚え書きのためのレシピ。

*****************************************************************

 ● 落合シェフ直伝のカポナータ

 < 材料 > 4人分

  タマネギ    6分の1個

  セロリ     10センチ

  ナス      2本

  ズッキーニ  1本

  赤と黄色のパプリカ  各1個

  ホールトマト    2分の1缶

  バジルの葉    3枚

  オリーブオイル  大さじ5

  塩       小さじ1~2

  コショウ    適宜

  < 作りかた >

  ①タマネギは繊維を断ち切るように薄切りにする。

  ②セロリを包丁の腹で叩いてから薄切りにする。

  ③ナスとズッキーニを縦4つ割にしてから1.5センチ幅に切る。

  ④フライパンにオリーブオイルを入れ、タマネギ・セロリを強火で2分ほど炒める。

  ⑤ズッキーニをくわえて強火のまま1分ほど焼く。

  ⑥パプリカとナスをくわえて全体に混ぜ、塩・コショウを入れて強火のまま2分ほど

    炒める。

  ⑦ホールトマトをボウルにあけて手でつぶしてから半分くわえ、水分が飛ぶくらい

    まで強火で炒める。

  ⑧火を止めて、ちぎったバジルを加えてざっと混ぜる。できあがり!!

*****************************************************************

昨日、いつものように娘と『美の巨人たち』を見たあとおもむろにキッチンに立って作り

はじめ、できあがったカポナータは琺瑯の鍋に入れて粗熱がとれたあと冷蔵庫に。

今日も私は娘のアルバイトにあわせて6時起きだったので、娘の朝食にちょうどよか

たです。すりおろしたニンニクをなすりつけ、オリーブオイルをたらしてカリっと焼いた

バゲットをつけて。娘はカポナータはそのまま、パンはパンで別々に食べてたけど、私

はパンにのせて食べるのがおいしかった!

バゲットのにんにく風味とカポナータの酸味、塩味が絶妙にマッチして。

実はわたし、ラタトイユってちょっと苦手だったのだけれど(といってラタトイユとカポナ

ータってフランスとイタリアの違い+アルファくらいのもののようだけど)、このレシピは

味がしっかりしていていける。(ただしレシピの塩の量はちょっと多いから加減したほう

がいい。)作り置きして冷やしておけば夏の朝の朝食にぴったりだし、朝から野菜がい

っぱいとれる。ちょっと食欲のない朝でもバゲットにのせればいくらでもいけそうだし、

温かいカポナータにショートパスタを入れて食べてもおいしそう。

・・・・・・ ってことでこのカポナータ、今年の夏の定番になりそうです♪

最近、食欲がなくて・・・ という方はぜひお試しあれ!



|

« 酷暑のなかで | トップページ | 『レオ・レオニの絵本の仕事』展に行ってきた。 »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酷暑のなかで | トップページ | 『レオ・レオニの絵本の仕事』展に行ってきた。 »