« 新月事始め | トップページ | 夏の朝のカポナータ »

2013年7月10日 (水)

酷暑のなかで

13heritage_07

毎日、凄まじい暑さの日が続く。

そんな酷暑のなかでもバラが咲き続けていて、例年のことだけど驚かされる。

もう何度めかの花になって、すっかりピンクが抜けてまっ白になってしまったヘリテイ

ジ。それから涼しげなグリーンアイスとセント・セシリア。

13green_ice_04

13stcecilia_14

ミニチュアローズほどの大きさになって、花びらがこんなに開ききったスピリット・オブ・

フリーダムをはじめて見た。

13spirit_of_freedom_climbing_03

暑さで食欲が減退してしまった人間と同じで、こう暑くなるとバラはもう肥料を吸収しな

いから、あとはバイオゴールドのバイタルとか、アルゴフラッシュのような即効性のあ

る植物活性剤を使ってケアするしかない。

昨日おとといと一日中クーラーをつけていたら、昨日は夜遅くになって激しい頭痛に襲

われて、しかも鎮痛剤を切らしていたので酷い目にあった。アロマセラピーと石の力で

なんとか眠ったけれど、あっち向いたりこっち向いたりして苦しんで寝たせいか、朝起

きたら身体にさらなる異変が起きてて痛みもあって心底まいった。

いつも医者の友人とは「人間とはかくも繊細で弱い生きものです」と話しているけど、

ほんとうにそうだと思った。

今年の1月に生まれてこのかた初めてインフルエンザにかかったときもかなり相当ま

いったけれど、あれって「今年はもう、いままでのようにはいかないんだよ」ってことだ

ったんだなあ、なんて、お腹に力が入らないふわふわした状態で夕飯の買い物に行き

ながら、しみじみ思った。

下の写真は枝枯れ病にかかって株の半分が枯れてしまいながら、わずかに残った枝

にきれいに花を咲かせたカフェ。

毎年、厳しい暑さのなかでかならず数株のバラが枯れてゆく。

紫外線が強くなりだしたとたんに、もうすっかり根頭癌腫病から回復したと思っていた

ふたつのバラの根もとから、またもや不気味なこぶがもこもこと出はじめた。

やっぱり廃棄するしかないのか。

カフェも枯れてしまうんだろうか。

カフェは息子からもらったバラだから、なんとか枯れないでほしいのだけれど ・・・

13cafe_04

|

« 新月事始め | トップページ | 夏の朝のカポナータ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新月事始め | トップページ | 夏の朝のカポナータ »