« tetoshioで。 | トップページ | Bitter yellow »

2013年6月15日 (土)

梅雨の晴れ間

130615sky

天気予報通り、今日もまた朝から雨なのかと思ったら降ってない。

相変わらず空には雲が多いけど、雲の切れ間からわずかに青空も見えだした。

そうなると忙しい。

昨日、生乾きだった洗濯物を外に出して、それから何回も洗濯機を回す。

家を出るころにはまたあやしい黒雲が見えはじめたけど降ることはなく、おかげで歩い

てプールに行かずにすんだ。

今日のレッスンで特記すべきことは、キャッチアップクロールで25×4本泳ぐあいだに

いかに身体が前に滑るようになるかを体感したあと(それはちょっと横に置いておいて

とコーチはいった)次に水中に深く潜るドルフィンと浅く潜るドルフィンキックを25×2本

づつやり、それから先ほどのキャッチアップクロールに戻って、片手が入水するタイミ

ングでドルフィンキックを1回打つ、というドリルをやったことだ。

こうすることで(つまりバタ足の代わりにドルフィンキックを打つことで)キャッチアップク

ロールはさらに前に進むようになる。それを25×4本やったあとでいつもの自分のタ

イミングでクロールを泳いだら、アップでクロールを泳いだときとは明らかに違う、なめ

らかに前に滑るようなクロールになったのを体感した。これは凄い。いかに掻かない

ほうの手(待ちの手とも我慢の手ともいわれる)を水面上でまっすぐにキープすること

が大事かを痛感した。これはアップを泳いでいて、今日はなんだか身体が重くてちっ

とも前に進まないな、というときにやってみると、左右の切り替えのタイミングと重心移

動が改善されていいかもしれない。

お隣りの下のクラスのレーンを見ていて面白かったのは、背浮きした人の両手と両

脚を二手に分かれたみんなで反対方向に引っぱりあっていたこと。なんだかすごく

気持ちよさそうで、私もやってもらいたかった。(できれば首も。)そのあと何をするの

かと思ったら背泳で、「なんだか背が3センチくらい伸びた気がした」とおばあさんが

嬉しそうにいっていた。みんな身体を引っぱられる前よりも背筋をまっすぐ伸ばして

気持ちよさそうにバックを泳いでいた。スポーツにおいて自分の身体で実感する、体

感することってほんとに大事。

こう暑くなってくると泳いだ後にジャグジーに入る人はほとんど全く、といっていいほど

いないけど、私はプールの後はジャグジーで筋肉をほぐしながらボーっとするのが好

きだ。今日も夕方から雨という予報のせいか、みんな蜘蛛の子散らすように慌てて帰

って行ったけど、家に帰ったら帰ったでまた青空が見えはじめた。

けっきょく今日はぜんぜん降らなかった。

おかげで5日ぶりに洗濯物もさっぱりと乾いた。

太陽ってほんとに偉大。

真冬と梅雨の季節のお陽さまほどありがたいものはない。

そしてプールは素晴らしい。



|

« tetoshioで。 | トップページ | Bitter yellow »

Good Swim♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« tetoshioで。 | トップページ | Bitter yellow »