« 黄昏のデュセス・ドゥ・ブラバン | トップページ | 南風 »

2013年6月18日 (火)

ハーブチンキを作る

13herb_t_01

5月のOdorantesの清香さんのワークショップで使ったハーブチンキ。

正式にはハーブティンクチャー(Herb Tincture)といって、植物のエキスをアルコール

などで抽出した浸出液のこと。

ワークショップで清香さんお手製のハーブチンキを見せてもらったときは、自分では

そんな面倒くさいことやらないだろうなあ、と思っていたのだけれど、そのとき作った

ハンガリアンウォーターがとてもよかったので、自分でも作ってみる気になりました。

先月のうちから材料を探して、今月の新月の日に作ろうと思っていたのに材料到着

が遅れて間に合わなかった。でも熟成させるのに最低でも2週間はかかることを思

えば、ここはさっさと作ってしまうにかぎります。

今回、私が選んで買ったのは、写真左からローズマリー、ジャーマンカモミール、マリ

ーゴールド、ローズピンクペタルのドライハーブ。

そしてワークショップではハーブチンキの具体的な作り方については教えていただか

なかったので今回調べてみたところ、40度のウォッカがいいというのが主流だったの

でこのウォッカを買いました。近所ではきっと売ってないからAnazonで買うしかないか

と思ったら近所のスーパーにもあった!

13herb_t_02

青空をイメージして名前が付けられたというイタリア産のウォッカ、スカイ。

これを選んだのはアルコール度40度だったから、ということではあるのだけれど、この

ボトルの色とキャップ。ハーブチンキを作って空容器になった後はブルーソーラーウォ

ーター用のボトルとして使える。いままでさんざん探して青いボトルはいくらでもあれど

たいていキャップが金属で使えなかったのが、これはプラスチックだからブルーソーラ

ーウォーター用にぴったり。いくら作って作っても足りない夏のあいだは専用ボトルが

増えるのはありがたい限りです。

まずは用意した瓶を煮沸消毒。

これが面倒くさいって人もいるけど、私はCOBOを作っているときに毎日のようにやっ

ていたので全然OKです。今回、使うのもCOBOで使っていた広口瓶。

これにドライハーブを入れてウォッカを注ぐわけだけれど、レシピはというと、ウォッカ

100ミリリットルに対してドライハーブ10グラム、というのが一般的なところだったけど

ドライハーブって種類によって嵩(カサ)が違うので、やってみたらそんなふうに一律に

はいきませんでした。ハーブチンキを作るときも果実酒やジュースを作るときと同様、

植物にしっかり液体がかぶってないといけないので、用意した瓶がちょっと大きかった

こともあってウォッカが足りなくなって、けっきょくもう1本買って注ぎ足すことに。

なので一般に書かれている配合ではなくなってしまったけれど、濃度の差こそあれ、

まあ、なんとかなるでしょう。

13herb_t

左からローズピンクペタル、ジャーマンカモミール、ローズマリー。

たった1日でハーブの色が失せ、無色透明だったウォッカに色がついています。

これを常温で直射日光の当たらないところに置いて、一日数回揺すりながら熟成させ

ること最低2週間。(これも諸説いろいろあるけれど、どのくらいが妥当なんでしょう。)

できあがったら茶こしなどで濾して、使いやすい遮光瓶に入れて冷暗所で1年くらいは

保存できるようです。ハーブチンキはイギリスなどではハーブティーよりもよく使われて

いて、日本みたいに嗜好品というよりは漢方楽のような薬よりの扱いらしい。

使われ方としてはウォッカベースだから飲用が主だということだけれど、今回私はそれ

は考えてなくて、もっぱら手作り化粧水やクリームの材料として使う予定です。浴用剤

にも使えるということだから、できあがったらまずは浴用剤として使ってみたい。

肌が乾燥する季節はずっとオイルを混ぜたアロマバスに入っていたけれど(お陰さま

でいつもの年より乾燥肌に悩まされずにすみました)、こう蒸し暑くなって湿度が高くな

ってくるとオイルバスではきついので、汗をかいたあと肌がチクチクしてしまう夏のあい

だはこのハーブチンキがいいかもしれない。

そしてマリーゴールド(マリーゴールドとカレンデュラは厳密にいうと植物としては別物

のようだけれど私がこのドライハーブを買ったショップでは連名で書いてあった)は

オイルに漬けてインフューズドオイルに。作り方はウォッカのときと同じです。

だがしかし、やっぱり嵩の関係でドライハーブを10グラムではなく、半分にしたほうが

よかったみたい。オイルを150ミリリットル入れてもこの程度。

13calendhura_oil

しかも、私は酸化しにくくベタベタしない使用感、という理由でホホバオイルを使ったの

だけれどオリーブオイルでよかったらしい。オリーブオイルならホホバオイルと違って

安価だし家にもいっぱいあったのに! と思うけれど後の祭り。手持ちの(貴重な)ホ

ホバオイルをぜんぶ使い切ってもまだ足りない感じ。う~ん、ここにオリーブオイルを

足すか? ・・・・・・

私のことを頭が良くてクール、とか思っている人がいるけど大間違いですね。

日々こんなふうにカッコ悪くトライ&エラーの日々です。

でもハーブチンキを作っていたら息子が「なんだかそれ、面白そうだね」といいながら

横を通って行ったのだけど、ほんとにそうなの。なんでも自分でやってみるのが面白

くて楽しくてやってる。できたものをただ買ってくるだけなんてつまらない。

で、私にそういう新しいネタ(というか種というか)を仕込んでくれる人って本当にありが

たいなあ、と思うのです。

今回のハーブチンキもいい感じにできますように!



|

« 黄昏のデュセス・ドゥ・ブラバン | トップページ | 南風 »

Health&Beauty !」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄昏のデュセス・ドゥ・ブラバン | トップページ | 南風 »