« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 黄昏のデュセス・ドゥ・ブラバン »

2013年6月16日 (日)

Bitter yellow

13jude_the_obscure_04

昨日の夜半からふたたび降りはじめた雨が降りやまない日曜のあさ。

この時期にはジュード・ジ・オブスキュアのこんなビターな黄色がぴったりだ。

朝6時。

鳥たちの囀りは相変わらず元気で賑やかだけど、ベランダでバラの手入れをしている

とこんな時間からすごい音を立てて掃除機をかけている人が多いのに驚く。

花がらを摘んだり病葉をとったりアブラムシをやっつけたり木酢液を散布したりしてい

るうちに朝の2~3時間はあっという間に経ってしまう。

そして8時ともなるともう選挙カーだ。

どれだけしつこく候補者の名前を連呼したところで票が入るわけでもなかろうに。

13jude_the_obscure_05_2

それにしても梅雨とはいえよく降るな。

雨自体は浄化だけれど、これほど湿度が高いと気持ちが悪い。

この時期、猫毛で癖っ毛の私は髪がどうにもならず、どこにも行きたくないし誰にも会

いたくない。いまは何もかもがちょっとづつ鬱陶しい季節。

こんな日は一日精油を焚いて暇さえあれば掃除にいそしむ。

リネンの服にまとめてアイロンをかける。

それから子供と家で映画を見る。

そんなことを考えながら早3時間、ひときわ頭上で鳥の囀りがうるさくなったと思ったら

群れをなして飛ぶツバメの幼鳥の一団だった。

灰色の空を嬉々として賑やかに囀りながら大きく旋回してどこかに飛んで行った。

いやあ、いいな。ほんとにこの時期いいのは君たちだけだよ。

足もとにはセント・セシリア。

もうこの時期ともなると淡いピンクのバラはなんだかぼけてしまう。

13stcecilia_13

|

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 黄昏のデュセス・ドゥ・ブラバン »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 黄昏のデュセス・ドゥ・ブラバン »