« vivid! | トップページ | 私の好きなバラ Ambridge Rose »

2013年5月 8日 (水)

実生のプロスペリティー

13prosperity

あるところで赤く熟した実を採取して、実を割って種を取りだし、種から育てたプロスペ

リティーです。

これで何年めだろう?

今年は株全体にいっぱいつぼみをつけました。

はじめて咲いた花は本来のプロスペリティーとはまったく違う、一重の小さな花。

去年はそれが八重になって、今年はどんな花を咲かせるでしょう。

年々、少しづつ本来のプロスペリティーらしくなっていくようです。

親木は純白だったのに、種から育てたほうはピンク、というのも面白い。

種からバラを育てるのも、挿し木で増やすのも、好きなバラを交配して自分だけの新

しい品種を作るのも、ベランダがもっと広かったら楽しいだろうと思うけど、なんたって

いまでさえ足の踏み場もないのでやりません。

13prosperity_01

陽射しが強くなって気温が上がってくるにつれて、さっきまでつぼみだったカーディナ

ル・ドゥ・リシュリューが開いてきました。

13cardinal_de_richelieu_02_2

我が家ではもっとも深い紫、ディープ・パープルのバラ。

典型的なガリカ系のオールド・ローズで、香りもあって素敵なバラです。

陽射しを浴びると徐々に退色するこのバラは、朝と晩では色がまったく違う。

だから咲きはじめたら陽射しが燦々とあたる南西より、東の半日陰くらいに置いたほ

うがきれいに見えます。

フェアビアンカもゆっくりと開いてきました。

13fairbianca_02

この時点でもう独特のミルラの香りがしてきます。

13calendula_04_3

バラのあいだで咲くカレンデュラ。

カレンデュラの無垢で健気な感じが好き。

そしてこのフルーツみたいにおいしそうなバラのつぼみは、イングリッシュローズのロ

ーズ・マリーです。ピンクのヘリテイジの枝変わりで、白のヘリテイジといってもいいく

らい、色以外の全てがほとんどヘリテイジと同じ。

13rose_marie

今日は風もなく、穏やかな晴天。

私のバラ時間がゆっくりとはじまりました。

13rose_marie_01    

|

« vivid! | トップページ | 私の好きなバラ Ambridge Rose »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vivid! | トップページ | 私の好きなバラ Ambridge Rose »