« 珈琲にあらず | トップページ | グリーン・パンとナスミート・ペンネ »

2013年4月 6日 (土)

嵐の前の

13spring_storm

3週間ぶりのプール。

昨日の夜、いつものようにNHKの天気予報を見ていたら「不要不急の外出は避けた

ほうがいいでしょう」といっていたから、いったい今日はどんなことになるのかと思って

いたのに、起きたらまだそれほどでもない。今日プールに行かないとほぼひと月近く

泳がないことになるからそれだけは避けたくて、濡れてもいい格好で、どうなってもい

い傘を持って歩いてプールに行く。3週間ぶりじゃどうせまともに泳げるわけはないか

ら、ただ水に浮きに行くつもりで。

家を出たときはまだ雨は降ってなかったけれど空はどこまでも不穏な気配で風が強く

雲の動きがすごく速い。クラブのエントランスの前まで行ったところでKさんのさんの

チョコレート色のミニクーパーが入ってきたから、フロンドガラス越しに彼女に手を振

った。嵐の予報のせいか、さすがに今日はいつもより来ている人は少なかったけれど

今日は行ってよかった。今月はずっとOコーチらしい。けっきょく冬のあいだに冷え症

の彼女に毛糸の腹巻きを編んであげることはできなかった。子どもみたいに小さい

頭と顔をした、小柄だけど小動物のように俊敏なコーチ。彼女は若いけど教え方がと

ってもうまい。彼女を見てると、年齢や経験じゃないとしたらいったいコーチの資質っ

てどこからくるんだろう? と思う。

最初に4泳法を順番に泳がされた。

泳ぎ終わったら、このクラスに入るのは3ヶ月ぶりだけど、そのあいだに背泳がもの

すごく上手くなりましたね、といわれた。4泳法のなかで飛びぬけている、というので

唯一ラクに泳げるのがバックなんです、といった。なぜかというといつでも呼吸できる

から。ブレスに気を使わなくていいからだ。それ以外の泳ぎでは呼吸に制限をつけて

しまうのですぐに酸素不足になって身体に乳酸が溜まって硬くなり、疲れてしまう。

それは水中に限ったことだけではなく地上でもそうで、何かに極端に集中しているとき

など気づくと息を詰めてしまっている。この呼吸の問題をなんとかしない限り、水泳も

うまくならないし身体のこりも治らない。

それから今日は下のクラス以来、久しぶりに両側呼吸の練習をさせられたけど、慢性

的に首の痛みを抱える私にはキツかった。うまく泳げるようになるためにはまずこの首

をなんとかしなきゃ。

それでもやっぱりプールはいい。

今月はOコーチだからなんとか休まずに4回来たいと思った。

今日はジャクジーもそこそこに急いでクラブを出たけど、まだ雨はパラパラくらい。

これなら自転車でも来れたかもしれない。

帰りに病院の前を通ったら満開の桜が風で煽られていて、最後の姿だと思って見た。

13sakura_08

今日は父の82歳の誕生日で、本当なら明日、私の家で誕生日を祝ってあげることに

なっていた。この嵐で3週間も先に延びてしまったので夕方父に電話すると、父はいた

って機嫌の良い声で出てきて、例によって自分がこんなに長く生きるとは思っていな

かった、といった。人生はいつだって想定外のことだらけだ。それでまたいつものよう

に「もうこんな年だから誕生日なんかしてくれなくていい、あんまりお金を遣わないで」

と貧乏くさいことをいうので、1年にたった1回のことなんだからお祝いしようよ、みんな

でおいしいお寿司でも食べてさ、といった。

それで私はこのあいだから、ポストに入ってた宅配寿司の『銀の皿』と『大黒屋』の2

枚のチラシをしげしげと見くらべているというわけなのだ。

きわめて小市民的な嵐の前の静かな夜。

|

« 珈琲にあらず | トップページ | グリーン・パンとナスミート・ペンネ »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珈琲にあらず | トップページ | グリーン・パンとナスミート・ペンネ »