« キラッと☆ | トップページ | やっと平熱 »

2013年1月10日 (木)

大手町から神楽坂へ

13bincyou_2

今日は仕事仲間でもある友人から久しぶりに電話がきて、急で悪いけど昼過ぎに東

京駅に着くんだけれど時間ない? というので、それじゃ、去年の暮れに行っておいし

かった新丸ビルの焼き鳥屋さんでランチでもしようかということになった。

ふつう焼き鳥屋さんのランチというと私は焼き鳥丼とか、串が何本かついて麦とろご

飯に地鶏スープとか、そういうのを想像しちゃうんだけれど、出てきたのはこれ!↑

白いお皿にのっているのは鶏の半身焼きと薄くスライスした生のキャベツと藻塩のみ

というシンプルさ。テーブルに置かれた瞬間、「うわ。食べにくそー!」と思わずいって

しまった。すると店員さん、「食べ方を説明させていただきます」といってお箸を持ち、

鶏のまんなかの骨をクイっとやったかと思うと鶏の半身をさらに半分に分けてくれた。

小骨まで食べられるぐらいに焼いてあるという。でも食べにくいのは変わらないので

「もう、これはかぶりついたほうがいいね」といってかぶりつくことにした。

このワンプレートだけで1400円。ほかに、ごはん、コンソメスープからデザートまで

4種類くらいオプションがあって、選ぶとそれが加算されていくわけなんだけど、たしか

にこの半身鶏も先日も感じたとおりのおいしさなのだけれど、ランチにしてはちょっと

高いなと感じてしまいました。2人とも最初ごはんしか頼んでなかったのだけれど、食

べ始めたら友人が「これじゃ、スープかなんかやっぱりほしいよね」といってコンソメス

ープも頼んだ。これがまた小さなデミタス・カップに入っていてすごくおいしいのだけれ

ど、いかんせん少なすぎる。見た目もなんとなくシャビィだしね。

それでここはやっぱりランチより夜のほうがよさそうだね、ってことになったのでした。

店に入ったときすでに1時過ぎでランチの波は去ったあとらしく、店内はガラガラだっ

たのだけれど、そろそろランチタイムも終わりの時間が近づいていたのでそこを出て

友人の次のアポイント先が九段下だというので、なら神楽坂でお茶でもしようと東西線

に乗った。神楽坂って、休日に行っても平日に行っても人の量と賑やかさとさびれた

感が私にはちょうどよくて、どこか懐かしい町なのです。神楽坂通りの坂を歩いていた

ら友人が思い出したように「そうだ、前に入ろうとしたら終わりだったあの店に行こう」

というので店の前まで行ったのだけれど、定休日でもないのにやってない。そう、あの

何を頼んでもふかしたての饅頭がついてくる猫のいるカフェです。

で、その近くにある、いつ前を通っても待っている人がいるので入ったことのなかった

茶寮へ。

13saryo

ここ入ってみたら、なんで少々待ってもこの店に入りたいのかわかりました。

フロアの広さに対してゆとりを持った席になっているのですごく落ち着くんですね。

で、食事もできれば和スイーツも豊富。

私がオーダーしたのは抹茶とミルクプリンの和パフェ

13saryo_02

友人は練乳木苺のシフォンケーキ。

なかなかアーティスティックな盛り付けです。

13saryo_01

どちらもおいしくてすごくボリュームがあって、これで有機コーヒーとセットで1040円

はいいなと思った。ここですっかりお腹いっぱいになりました。

それでここでは鶏にかぶりついてたときとは違って落ち着いて話ができたのだけれど

年頭であるせいか友人がいまから10年後くらいまでのビジョンをとうとうと語るわけで

す。まあ人間50も過ぎれば残すところあとわずかだからいろいろ考えるところは多い

と思うけれど、思わず途中で「あのさ、さっきから公約みたいなことを次々語ってるけど

そういうこといまここで私にいっていいのかな」というと、は? という顔をする友人。

「あのね、私すごく記憶いいほうなんだよね。いまいうだけいっといてぜんぜん実行し

なかったらヤバイよ。ちゃんと覚えてるからね」といったのでした。

まあ、それは半分ジョークとして、私の仲のいい友人たちの最終目標を聞いたりすると

やっぱりそれは自分の私利至福のためだけじゃなく社会の役に立つことだったりして

いい人たちが多くていいなと思う。あの37歳でピストル自殺したフィンセント・ファン・ゴ

ッホだって死ぬ直前はそればかり考えていたのだから。自分の頭の上のハエを追うこ

とばかりから抜け出して早くそういう境地にたどりつきたいもんです。

茶寮を出たあと友人は九段下方向へ、私は神楽坂の駅へと右と左に別れた。

駅へ向かう途中、庶民的なお惣菜屋の前を通って、今夜の父の夕飯の足しになりそう

なお惣菜をいくつか買って、ちょっと面倒だったけどさっき坂を降りる途中の本屋で買

ったお散歩雑誌とともに父に届けた。玄関に出てきた貧乏症の父は相変わらず「大変

だからあまりお金を使わないで」といっていたけど、お散歩雑誌は嬉しそうだった。い

つになく素直に「ありがとう」といった。

春になって暖かくなったら父とあの本に載ってるどこかに散歩に行こう。

まずは自分にできる身近なとこから。

|

« キラッと☆ | トップページ | やっと平熱 »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キラッと☆ | トップページ | やっと平熱 »