« 新月のブランニュー☆ | トップページ | 三日月 »

2012年12月15日 (土)

いま表参道でやっている2つの個展

12fujiwo_ishimoto_01_2

表参道で人と待ち合わせるときには、昔からスパイラルホールと決めている。

何よりわかりやすいし、夏涼しくて冬あったかいから。

エントランスを入ったところにはいつも何かしら出店しているから、多少待たされても

気にせずに時間をつぶせる。(トイレもゆったりしていてきれいだし。)

そしてスパイラルホールに来たら、やっぱり少しは中を見て帰りたくなる。

2階のスパイラル・マーケットの品揃え自体はいつ行ってもまあそれほど変わり映え

しないのだけれど、それより1階のギャラリーで個展をやっていたり、2階で作家の

作品を展示即売していたりして、それが面白い。

昨日は仕事の後に通りかかったら、マリメッコのデザイナーだという石本藤雄さんの

布と陶による展示がしてあって心惹かれた。

1階のギャラリーの壁には陶でできた大きな花の作品が並び、奥には月を思わせる

アートなお皿の数々。2階への階段の壁にはカラフルなテキスタイルの布作品が飾

られ、ガラスケースの中にはマリメッコでデザインしたという製品化されたシャツなど

が展示されていた。

12fujiwo_ishimoto

仕事中だからダーッと早足で通り過ぎただけだけれど、こんどプライベートで来てゆっ

くり見たいなと思った。1階の受付では石本藤雄さんの日本語版としては初となる『石

本藤雄の布と陶』という作品集も売っていて、もうAmazonでも買えるのかもしれないけ

れど、あれもできれば買いたかった。これはマリメッコ・ファンでなくても、そしてファン

ならなおさら見るに値する個展じゃないかと思う。

ちなみに、この展覧会期間中、展示空間の横にあるスパイラルカフェではテーブルに

石本藤雄デザインのテーブルクロスをかけて、フィンランドをイメージした特別メニュー

をイッタラのテーブルウェアで提供するそうです。

なんだか想像するだけで素敵ですね。

この個展、『石本藤雄展 布と陶ー冬ー』は、スパイラルホールで今月29日土曜日

までです。

12fujiwo_ishimoto_02_2

そしてもうひとつは、クレヨンハウスのオーガニックレストランを出てクドウに行こうと

表参道の交差点を左に曲がったところで山陽堂書店の前を通り過ぎざまに目に入

った1枚のポスター。思わず戻ってきてガラス窓に貼られたポスターを見ると、そこに

は「山陽堂・夏葉社 企画展 『さよならのあとで』」という文字の下にリトグラフのような

シンプルな絵があって、さらにその下にこんな痛切な文章が書かれていたのでした。

私のブログを見てくれている人たちはきっと長文を読むのに慣れていると思うから、

以下、全文引用します。

『さよならのあとで』展に寄せて

*************************************

 君がこの世を突然去ったとき、僕がどれだけ悲しかったか。どれだけこわい

いをしたか。君は知らないでしょう。からだが、こころが、その日を境に、す

べて入れ替わったような気になって、何もかもが上手くいかなくなって、全部が

全部君が悪いんだと思うようになりました。君がいない日本を、めちゃくちゃに

歩きって、君に会いたい、とずっと思っていました。

 僕は日本中を歩き回る代わりにたくさんの本を読みました。そして、ある1冊

の本の中で、この『さよならのあとで』という詩に出合いました。

 それは愛息を喪ったある父親の手記で、彼は外国でたまたま目にしたその詩

を自らのために翻訳していたのです。最初、僕はこの詩を君の両親(僕の叔父

と叔母)に送りました。それから自分のために、A4の用紙に印刷して、毎日の

ように眺めていました。この詩をもっと綺麗な形で、もっと丈夫な形で残したいと

思うようになったのは、いつの日のことだったか、覚えていません。

 でも、ある日、僕の両親に、この詩を本にしたい、そのために出版社を作りた

い、だからお金を貸してほしい、と言いました。それまでに編集をしたことはな

ったのですが、そのときの僕にとって、人生でやりたいことは、この本をつく

ることしかなかったのです。

 それから、3年以上経ち、高橋和枝さんの力を得て、『さよならのあとで』がで

きました。すべてのことが手探りでしたが、毎日、高橋さんの絵に励まされ、な

んとか形にすることができました。

 君がいなくなってもうすぐ5年になります。

 今でも君がとても恋しいです。

 表参道で、君ともう一度だけ、会いたいです。

                               夏葉社 島田潤一郎

*****************************************************************

なんだかこの文章を読んだら道端で胸がいっぱいになってしまって、思わず書店に

入ってレジの前にいたおばあさんに、「この展覧会のチラシはありませんか?」と聞

くと、「チラシはないけど、たしかこれに娘が書いた文章が載ってたと思うから」といっ

て、『山陽堂だより41』というのをくれました。

帰りの電車のなかでそれを開いたら、そこには山陽堂のお嬢さんが書いたという鉛

筆手書きの文章が載っていて、これがまたよかった。またもや以下全文引用します。

『さよならのあとで』(ヘンリー・スコット詩 高橋和枝 絵)

 この一冊の本がこの世に生まれてくるまでに、どれだけの年月、どれだけの

の想いを重ねてきたのでしょうか。この世に生まれてくるものすべてに平等

に与えられている逃れることのできない、『死』。『生』と『死』がくり返されるな

かで、人は生まれて、また死を迎えます。

 この本を出版した夏葉社の島田潤一郎さんは、吉祥寺でひとりで出版社を

経営しています。この度の企画展の元になる本『さよならのあとで』を出版す

ために出版社を立ち上げたのです。そこには大切な人の死がありました。

 この本ができるまでの約2年半、イラストレーターの高橋和枝さんは装画を

100枚以上描き、詩の傍らに添える絵を島田さんとのあいだで、何度も何度も

やりとりして選んだそうです。

 今年は、表参道のけやき並木のイルミネーションはありませんが、この度の

展示は、クリスマスを迎える時期と重なります。イエス・キリストが生まれたとき

ヘロデ王は、イエスの誕生に自分の地位が脅かされるのを怖れ、ベツレヘム

の2歳以下の子どもたちを殺してしまいます。今から30年近く前、東ドイツの

ドレスデンツインガー宮殿の美術館で、イエスを抱いたマリアの背景におびた

だしい数の乳幼児の顔が浮かび上がってくるように描かれたラファエロの絵、

『システィーナの聖母』と出合いました。イエスの誕生は、喜びだけではなく、多

くの悲しみと共にあったのだと気づかされました。あれほど絵に圧倒された経

は、あの時がはじめてでした。この絵のことを思い出したのは、夏葉社の島

潤一郎さんの天に召された従兄さんが、見えないけれど、「潤、がんばれ」

と後押ししてくれているのかなと思ったからでしょうか。

ギャラリーノートに残された言葉にも触れてみてください。

12sanyoudou

いま同潤会のあった表参道の通りを歩いていても、246を歩いていても、もう昔とは

まるで違っていて、安っぽくなったりシャビイになったりしてしまった感はあるけれど、

それでも私がこの街をいまでも好きなのは、やっぱり若いころにもっとも楽しい時間

をこの街で過ごしたからなんだと思う。だから、それは人によって、渋谷だったり新

宿だったり代官山だったり自由が丘だったり下北沢だったり吉祥寺だったりするの

だろうけど、私にとってはやっぱり表参道で、こうやってただ道を歩いているだけでも

気になるものが見つかったり、様々なことをインスパイアさせられるのはここなのだ、

とあらためて思いながら帰ってきた。

この企画展、「『さよならのあとで』~今いない人を静かに思う」は、今月21日金曜ま

で(日曜は休み)だそうです。

私はLEDになってからの表参道のイルミネーションは寒々しくて好きになれなかった

から、むしろ街の灯りのなかで葉を落としつつあるけやき並木が自然にあるほうが好

ましく思う。

そんなわけで、また個展の会期中に表参道に行かなけりゃ、と思っているのです。 

そして私が気になったもの3つめは『音楽』。

それは思わず買ってしまったCDをもう少し聴いてから書こうと思います。

|

« 新月のブランニュー☆ | トップページ | 三日月 »

アートのある場所」カテゴリの記事

コメント

Soukichiさんのアンテナはすごいですね。
長い引用文、昼休みに読みながら
泣いちゃいそうでした。
残念ながら個展にうかがう時間は
なさそうだけど
本は手にしてみたいと思っています。
できれば山陽堂書店で。

投稿: あたしベイベー | 2012年12月17日 (月) 13:31

ベイベーさん、ありがとう。
私も夕暮れに246沿いの道を歩きながら泣きそうでした。
けっきょく翌日にちょっと無理して娘を連れて行ってきました。
この個展で、本にならなかったたくさんの絵が見られて本当によかったです。
買って帰った本を家で眺めてよけいにそう思いました。
ベイベーさんが見に行けないのはほんとに残念。
きっとすごく好きだと思うから。

投稿: soukichi | 2012年12月20日 (木) 00:08

soukichiさん、
このコメントみて
いてもたってもいられなくなって
きのう無理矢理行ってきました。

本とは全然違う!
ギャラリーで見ることに
すごーく意味がありました。

ありがとうございます。

額に入ってない絵も
好きなのたくさんありました。

ギャラリーもすてきな所ですね。

背中おしていただいて
ありがとうございました~

投稿: あたしベイベー | 2012年12月21日 (金) 09:12

ベイベーさん、さすが!
その行動力!
こんどメシ行こう(^-^)♪

そして、そうなの。
ベイベーさんのいうとおり。
家に帰って本見て、あまりの簡素さに、え~! と思っちゃった。
すごく大人の本ですよね。
私は子供なのでこんなには削ぎ落せない。
あの場で見るだけではもったいない、いい絵がたくさんありましたよね。
娘も挿絵の仕事をするってこういうことなんだ、とちょっとわかったかもしれません。

そして、あのギャラリー。
うちの娘なんか「ここに住みたい!」といってましたよ。
自然光が入るからアトリエにするにはもってこいだし、眼下に246があってあの静けさですからね。
あんな素敵な書店とギャラリーを親子三世代でやってらっしゃるって、なんて理想的なんだろう! と私も思っちゃいました。

ここのところ、暮れの忙しさと体調の悪さでタイトルだけ放りこんでなかなか記事が書けないんですが、さっきやっとこさギャラリーに行った日のことを書きました。
今日もお腹痛いんで、うまく書けなかった気がするけれど・・・(>_<)

投稿: soukichi | 2012年12月24日 (月) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新月のブランニュー☆ | トップページ | 三日月 »