« 成人式の髪型 | トップページ | 初冬のラ・フランス »

2012年11月 3日 (土)

フレームのなかの季節

My_selected_cd_2

あさ目覚まし時計が鳴って目覚め、今日は起きられたと思ったのも束の間、いつのま

にかまた眠ってしまったらしい。

インカローズが持つ力のひとつは過去に受けたトラウマからの再生。

それで昨夜はインカローズをして眠ったら、二度寝のあいだに夢を見た。

夢のなかにある人がでてきて、ずっと長いこと聞けずに苦しんでいたことをついについ

に聞けたのだった。それは私が考えていたこととはちょっと違うことではあったのだけ

れど、その返ってきた返事に自分の感情をぶつけることもできた。そして彼はそれを

受けとめた。最後に、もうひとつだけ聞いてもいい? といってあることを聞いたら彼は

「隠したい(いいたくない)ことはいっぱいある」と答えた。そのきっぱりしたいいかたに

妙に納得して「そう、わかった」とだけ私はいった。そういってしまってからぼんやりして

たら、「もっと軽く考えていいよ」と彼がいった。それが夢の最後。

でも、その最後の言葉は、彼からではなく、天からいわれたような気がした。

夢を見ているあいだは相変わらず苦しかったけど、目が覚めたらすっきりした。

夢で彼から聞いた言葉は現実のものではないかもしれないけれど、もうそんなことは

どうでもいいような気がした。目覚めた直後はまだ不安定にこころが少し揺れていた

けれど、まるで水に落ちた絵具が溶けていくようにすぐに淡くなった。

今年、子供との話し合いのときになんどか「もういいかげん、立ち直って変わらなきゃ」

といったけれど、デスペラードの歌詞じゃないけど、もう本当に過去に踵を返して変わ

るときだ。

いつもの休日のように、ブランチをしながら自分の席から窓の外を見たら、遠くの木立

ちの上のほうだけが赤く色づいているのが見えて、こんな小さな窓のフレームのなか

でさえ、季節が移ろっていくのを感じた。この時期になると毎年、絵画館前の銀杏並

木のことが気にかかる。そして絵画館前の銀杏並木といったらもうアル・クーパーの

ジョリーだ。もうこれは条件反射というか連想ゲームみたいなもの。燃えるように黄葉

してゆく銀杏の木と、アル・クーパーのパッショネイトな歌がマッチするわけ。糸杉の木

を死ぬほど愛して描き続けたゴッホが空に燃え上がっていくような銀杏の木を見たら

やっぱりすごく好きだったんじゃないか、なんて思う。

それで何年も前に作ったセレクトCDをかけていたら、2曲めのオリジナルラブの接吻

のところで、「この曲のベースライン、すごくいいな」と息子がいった。

Fall_winter_collection_04_2 

ベースラインだけじゃなくて歌詞がすごくいいんだよ! といった。

ジョリーも接吻も、けだし名曲。

「1枚めに作ったのにくらべるとこれはあまり好きじゃないと思っていたけど、やっぱり

いま聴くといいね」とかおっしゃる。ふつうのポップスのあいだにJAZZ、それもライブア

ルバムからのテイクなんか入れてるから尺のバランスは崩れてるんだけど、それは私

が好きだからしかたない。聴きながら、私が竹内直さんの音が好きなののひとつは、

宙に問いかけてるみたいな音だからだなあ、と思った。

それは現実にはできない問いかけなのかもしれなくて、問いかけている人はとても孤

独なのだけれど、でも宙に投げられた問いにはかならず答えが返ってくる、といわれ

ている。ほんとかどうかわからないけど、問いかけてみないことには答え自体が存在

しない。なおかつ、返ってきた答えが自分の望む答えのときもあるだろうし、そうじゃな

いときもあるだろうけど、それは受けとめないとならない。

で、ここからはある人へ向けてのメッセージなのだけれど、こころあたりのある人は誰

でも聞いてもらっていいと思う。もし、あなたが何かの理由でもう実際には相手に投げ

られない問い(苦しい問い)を抱えてるとしても、それにはいつかきっと答えがでるとき

がくる。それはもうあなたがその問い自体を忘れているときかもしれないし、年をとって

からかもしれないけれど。そしてわかっているのは、その問いの答えがなんであれ、

何があってもなくても、誰がいてもいなくても、人生は続いていくし、生きてかねばなら

ないのだということ。そして生きてゆくからにはできるだけ健康なほうがいいから、ちゃ

んと食べてこころとからだを動かし、よく眠ったほうがいい。また燃えるようなこころが

戻ってくるまで。

「君の上にも虹がかかるさ」

少しの楽天性は人生には大事な要素だから。

この週末、天気予報が外れて外は見事な秋晴れ。

下は紅葉し始めたクスノキと今日の青空。

12kouyou_2

|

« 成人式の髪型 | トップページ | 初冬のラ・フランス »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成人式の髪型 | トップページ | 初冬のラ・フランス »