« 立冬 | トップページ | 早起きの予行演習 »

2012年11月 7日 (水)

通院日記・秋

12nishi_shinjyuku_3 

昨日の朝はあんなにひどい雨で寒かったのに、今日はよく晴れて上着がいらないくら

いのぽかぽか陽気だ。昨日、仕事の出勤前に荷物と傘を持って父の入院に付き添っ

た妹は、さぞかし大変だったろうな。

コトリさんのところでそわそわしていたのは、家を出る直前に妹からメールが来たせい

もあった。入院直後にきた妹のメールの話では、明日のオペは午後1時から始まって

遅くとも5時までには終わっているということだったのに、先ほどめずらしく病院にいる

父から妹の携帯に電話がきて、明日のオペは6時間くらいかかるといわれたから、あ

まり早く病院に来てもらっても待たせるだけなので、私にそう伝えてくれといったのだ

そうだ。母の乳がんの手術のときに、予定より大幅に時間がかかってハラハラしたの

がたしか7時間くらいだったから、それとくらべてもずいぶん長い。それに父の場合は

がんの切除手術ではないのだから、そんなに時間はかからないはずだ。それに昨日

の今日でなぜ急に医師のいうことがそんなに変わってしまうんだろう。もしかして入院

後の予備検査でまた何か見つかったとか? ・・・・・・ 妹のメールを見るなり瞬時にそ

んなことが浮かんだものだから、頭が半分そっちに行ってしまったのだった。別の用

事もあって娘を連れて家を出てから、妹には「これから病院に行くからお医者さんに

何か聞けたら聞いてみる」と電車の中から返事を送った。

そして父の病室に行ってみると、家族のそんな心配をよそに父はいたって機嫌良くの

ほほんとした顔をしていた。やけに血色のいいきれいな顔をしていると思ったら、いま

お風呂に入ってきたところだという。入院して初めて看護婦さんが背中を流してくれた

と嬉しそうにいう。なんでオペの時間が長くなったのか聞いてみるけれど、わからない

けど今朝、看護婦さんにそう説明されたとだけいう。それじゃあ埒があかない。

調子はどう? と聞くと、昨日の朝、病院に来るまえに急に胸が痛くなって、くしゃみを

してもズキン、水を飲んでもズキンと痛んでたまらなかった。入院してから湿布をして

もらったけれどぜんぜん効かなくて、鎮痛剤をもらったらやっと治まってきた、こんなひ

どい痛みで苦しんだのは生まれてこのかた初めてだ、というので、相変わらず大げさ

だなあ、と思いながら、「初めてって、退院してきた直後がちょうどそんな風だったじゃ

ない」というと、父はきょとんとした顔で、「そうだったっけか」といっている。あんなに大

騒ぎした癖に、10ヶ月過ぎたらすっかり忘れてしまったらしい。続けて、「何か検査は

した?」と聞くと、エコーをやったという。それじゃ、そのみぞおちの痛みとエコーの検

査の結果によることなのかなあ、などと思いながら、3人で持って行ったモロゾフのプ

リンを食べた。明日は父は一日絶食なのだ。食べてる間も父はそんな人の思いをよ

そに喋りまくった。いつも聞いている話。

いつまで聞いていてもキリがないからそろそろ帰ろうかと思ったときだった。

ベッドを囲んでいるカーテンが開いて、医師と看護婦が4人で回診にやってきた。

まるで俳優みたいな顔をした医師が父のいまの調子を聞いてから、「それでは明日は

治療をしていきますからよろしくお願いしますね!」と明朗快活にいった。その雰囲気

からはなんだかすごく聞きづらかったけれど聞いて帰らないわけにはいかないので

「あの、すみません。明日のオペが6時間と長くなってしまったのはどうしてでしょうか」

と言葉を挟んだら、きょとんとしたのは今度は医師のほうだった。「昨日、妹さんにも

ご説明したとおり、オペは午後1時から始まって、正確な時間はいえませんが遅くとも

5時には終わる予定です。ただ、その後6時間は絶対安静になりますが」。

それを聞いた瞬間、なんだそれか、と思った。

父は看護婦さんが「術後6時間は絶対安静です」といったのを、オペが6時間かかる

と早合点しただけなのだ。やれやれ!

帰りの電車の中から妹に「なんてことはなかったよ」とメールしながら、でも父はもうそ

れくらい人がいったことを正確に理解することができなくなってしまったんだ、と思っ

た。妹からは「ふぅ、そういうことでしたか。よかったです。まったくヒヤヒヤさせてくれる

ね!」と返事がきた。

ともあれ予定通りでよかった。

あとは父ができるだけ苦しまないように、オペがうまくいくことを祈るだけ。

|

« 立冬 | トップページ | 早起きの予行演習 »

父の肝臓がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立冬 | トップページ | 早起きの予行演習 »