« 9月のラ・パリジェンヌ | トップページ | 秋到来 »

2012年9月21日 (金)

早起きは三文の徳

12glamis_castle_04

うまく眠れなかったこともあるけれど、朝6時の目覚ましとともに起きてそっとベランダ

に出てみると、ひんやり涼しい大気のなかでグラミス・キャッスルが咲いていた。

このバラが咲くのを見るのはいつ以来だろう。

たまに早起きをするとこんなのに出くわす。

これって三文の徳ってやつだな。

今年こそグラミス・キャッスルは植え替えしないと。

去年みたいなことにならないように、今年は11月になったらさっさとやってしまおう。

それからアマンディーヌ・シャネル。

12amandine_chanel_03

小さなつぼみのなかを覗くとロゼット型の複雑な花びらの構造が見える。

夏はピンクが強かったけど、秋はアプリコットが強く出た。

バラには最初からカタログの写真通りに花を咲かせるものと、株が熟成するのにした

がって徐々に完成形になってゆくものとあるけれど、どうやらこれは後者のよう。

まだ花いろも花のかたちも花びらの枚数も、まだまだ私が思うこの花のじゃない。

子どものころから大器晩成型といわれてこの歳まで生きて、いまだに晩成しそうにな

い自分はいかがいたしたものか。

台風の訪れとともに一気に季節は動き出した。

動き出した季節は止められない。

あとは冬に向かうのみ。

その前にやってくる束の間の燃えるような秋を愛おしむのみ。

|

« 9月のラ・パリジェンヌ | トップページ | 秋到来 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月のラ・パリジェンヌ | トップページ | 秋到来 »