« 夏の名残り | トップページ | クチュールローズとオリーブ »

2012年9月16日 (日)

新月の花を買いに

1209new_moon_01

あさ7時に目覚ましが鳴って、その30分後にやっと起きて支度をして自分だけシリア

ルを食べて掃除に出かける。公園で40分ほど落ち葉を掃き集めたらすっかり汗だく

だくになって、帰宅してそのままベランダに直行してついでにバラの弱剪定をした。

それからブランチを作って家族で食べて、今日は新月だから殺風景な食卓に花を買

いに行こうと思ってたら雨が降ってきた。9月、おとめ座の新月に願うとよいことは、

計画すること、仕事やスキルに関すること、効率を上げること、秩序をもたらすこと、

会計・収支など数字や計算に関すること、だって。ぜんぶ現実的だね。やっぱり9月は

現実的な月なのだ。そのぜんぶが苦手な私にはどうやったって合うわけない。

それからバスルームへ。

私はこの休日の変な時間に入るバスルームが好きだ。

いつもだったら仕事をしている時間。心底ぼっとする。

水瓶座が好きなのはイレギュラーなこと、型にはまらないこと、ハプニング。

バスルームから出ると雨はすっかりやんでいて、それから支度をして花を買いに行っ

た。コトリ花店に。

すると水瓶座の花屋は先日に次いでもじもじしながら、「花屋なのにすみません。今日

も花がないんです」というのだ。予想外にお客さんが立て込んで、あっというまに花が

なくなっちゃったんだって。人生に予想外はいつもつきものです(^-^)

1209new_moon_03 

それから2人で何を話していたんだっけか、コトリさんが唐突に、まるで文章を読むよ

うにずらずらっと何かをいいはじめて、私のことを寺内貫太郎みたいだ、といった。

寺内貫太郎???

その名前が出てくる前のずらずらのなかにはずいぶんいいことをいわれたような気も

するのだけれど、なんたって唐突だったし、私もぼけぼけしていたのでいわれたことを

ぜんぜん思いだせずにいる。これが相手が恋人だったりすると、「いまいったことをも

う一度、ゆっくりいってみて」とか真顔でいってみたりするのだけれど、いわずに帰って

きた。でも寺内貫太郎ってことは、私がカミナリおやじってこと?

まあ、いいや。

世の中、上っ面のあまい言葉によわい人が多いなかで、私の言葉を本当にわかって

くれる人がいるならそんなにありがたいことはない。

1209new_moon_02_2

この彼女、なぜか先日来、3億円当たったら私に1億円くれるとばかりいうの。

可笑しいよね。宝くじも買ったことない癖に。

そういうことは宝くじを買ってからいってください。頼むぜ、ベイビー。

店のなかをクランベリーだらけにしたいという彼女、今日わたしのこころをとらえたの

は淡い紫のセミダブルのバラでした。

残りものに福があるならきっと今日の小さな花束にも小さなハピネスがあるでしょう。

そういえば、いま私がほしいチュニックもこんな色をしています。

かわいい名前のチュニックです。

1209new_moon_04

クチュールローズとグリーンローズのオリーブと、淡いピンクのガーベラとバラの実と

ユーカリ。

こちらは現実的じゃない、9月の新月の花。

1209new_moon_05

|

« 夏の名残り | トップページ | クチュールローズとオリーブ »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の名残り | トップページ | クチュールローズとオリーブ »