« 秋到来 | トップページ | 君や僕にちょっと似ている/奈良美智展 »

2012年9月23日 (日)

9月の雨の朝

12la_rose_de_molinard_04

昨夜から降りはじめた激しい雨がやまない雨の朝。

ベランダで雨の音を聞きながらバラの手入れをする。

夏以来のローズ・ドゥ・モリナール。

このバラの色はともかくとして、香りは素晴らしいバラ。

一輪であたりいちめん、いい香りが広がる ・・・・・・

それからルイさんからもらったミニチュアローズほどの小さな挿し木苗のペルル・デ・

ジャルダン。うちではなぜかクリームイエローではなく、わずかにアプリコットピンク

がかって咲く。すごい剣弁高芯のティーローズ。

12perle_des_jardins

今日は涼しいを通りこして肌寒いくらいだ。

こうなるといやでもこころは一気に冬に向かう。

そして、こうなるとますます珈琲がおいしい。

カフェ。

今週水曜はこのバラをくれた息子の誕生日。

てんびん座の季節のはじまり。

12cafe_05

涼しくなって一気に透明感を増したスカボロフェアー。

まるで凍える山茶花みたい。

12scarborough_fair_03

私はさっき届いたばかりのショーロのCDを聴きながら、もうその良さに泣きそうだけ

れど、サイモン&ガーファンクルも秋に一度は聴きたい音楽。

もう今じゃ重たい毛糸のセーターなんて私はぜんぜん着たくないけど、昔は生なりの

アランセーターが好きだったなあ。わたし、あなたのために一生懸命、編んだのよ。

Hello darkness,my old friend ・・・・・・

彼はそれを着て着ぶくれて冬はすこし恰幅がよくなった。

小さな息子に編んであげた帽子とおそろいのアランセーターは、すごく苦労して編ん

だのにたった1回しか着てもらえなかった。

その年、初めて雪が降った朝で、バニラアイスクリームみたいな色のアランセーター

を着てお揃いの帽子をかぶった息子はまるで小人か妖精みたいで、あたりいちめん

銀世界になった雪のなかで嬉しそう遊ぶ息子の姿を見て、それでも私は報われた。

こんな暗い雨の日、こころはいやでも冬へと向かう。

12scarborough_fair_04

|

« 秋到来 | トップページ | 君や僕にちょっと似ている/奈良美智展 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋到来 | トップページ | 君や僕にちょっと似ている/奈良美智展 »