« 今日のバラ⑮ | トップページ | 凋花切(ちょうかきり) »

2012年6月 3日 (日)

今日のバラ⑯

12nahema_01

 Nahema ナエマ デルバール フレンチローズ クライミングローズ

今年の春バラにおける『今日のバラ』も、ついに今日で終わり。

今日咲いたのは大輪・四季咲き・つるバラ・芳香種のナエマ。

このバラ、いっときバラ友達のルイさんが『一家に一株ナエマ!』と絶賛したバラで、

見つけようにも短所が見つからない、というくらいの優良品種らしい。

あいにく残念ながら私のナエマはまだ株が若くて成熟してないせいか、なかなか思う

ようなフォトジェニックな花を咲かせてくれないのだけれど、たしかに素晴らしいバラで

あることには違いない。まず四季咲きのつるバラ、というところが貴重なのだし、しな

やかで素直な樹形でありながら病虫害にも強く、花は育ちのよさを感じさせる明るい

ピンクで、淡い緑の葉っぱとの映りもよい。ゲランの香水からとったという名前だけあ

って、フルーツとローズが混じり合ったようないい香りがする。個体の問題かもしれな

いけれど、惜しむらくは枝がブラインドになりやすいこと。それも、もしかすると私がク

ライマーとして扱っていないのが原因かもしれないが。私は鉢バラとして休眠期に深

めに剪定してコンパクトに育てているけれど、当然のことながらナエマはつるバラとし

て大きく育てたほうがこのバラ本来の優雅さ、美しさは際立つことと思う。

今季、私のベランダのバラは色が強く出たのも特徴で、写真だとナエマは単純なピン

クみたいに見えるけれど、私はナエマはもう少し白に近いくらい淡いときのほうが洗

練された風情があって好きだ。

12nahema_02_2

上の写真より、もう少し咲きすすんだところ。

12nahema_03

 Claire Austin クレア・オースチン イングリッシュローズ シュラブ

12claire_austin_02

今季最後のバラはクレア・オースチン。

実はこれ、挿し木でいただいたまだまだ小さなバラで、上の写真ではわからないかも

しれないけれど、花の大きさは直径6センチ弱とイングリッシュローズとしてはとても

さい。ほとんどといっていいと思うけれど、ほかの白バラ同様このバラも脆弱で、

さいながらもこんなにきれいに咲いてくれたのは今年が初めてのこと。

ちゃんと咲きさえすれば繊細な雰囲気のいいバラなのだけれど、残念ながら滅多にき

れいに咲くことがない。たぶん、クレアは暑さに弱いのだと思う。今年は低気温がこの

小さなバラに味方した。最初、淡いレモンイエローで始まった花は時間とともにピュア

ホワイトになってゆく。ほかのオースチンきょうだいと同じようなミルラ系の香り。

クレア・オースチンはけっきょく親木もいただいたのだけれど、今季は一輪も咲かなか

った。理由は伸びた全ての枝がブラインドになってしまったから。全て切り戻すことに

なった。こちらは気温が低かったことの悪影響。

次の2番花に期待したい。

12claire_austin_01_2

最後だから自分の覚え書きのために書いておくと、今季まったく咲かなかったものも

めて写真を撮って残すまでに至らなかった春バラは、コンスタンス・スプライ、クレ

ア・オースチン、ライラックローズ、ジャック・カルティエ、挿し木でいただいたアルンウ

ィックローズ、ペルル・ド・ジャルダン。理由は伸びた枝がぜんぶブラインドだった、と

いうのと、咲いたには咲いたけれどつぼみが完全な大きさに達する前に咲いてしまっ

たのでダブルセンターになって割れたり、本来の咲きかたにならなかった、というも

の。原因は冬が寒くて長かったことに続いて春の日照率の低さによる低温異常と思

われる。異常なまでの株の伸長と葉の繁茂、その割にはブラインド率が高かった、

いうのがこの春バラの印象。

|

« 今日のバラ⑮ | トップページ | 凋花切(ちょうかきり) »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のバラ⑮ | トップページ | 凋花切(ちょうかきり) »