« 美しさの基準 | トップページ | サンデー・ブランチにピザを作ろう! »

2012年6月 9日 (土)

東京は梅雨入り

12madame_figaro_07

雨の土曜日。

ラジオを聞いていたら今日、関東甲信越地方も梅雨入りした、といった。

息子と私の感覚ではそれが早いようなイメージだったのだけれど、実際には去年とく

らべて13日遅く、例年とくらべても1日遅い梅雨入りだと知って驚いた。異常気象続き

で季節を受けとめるこちらの感覚もだんだん狂ってきているのだろうか。

昨日の夜、娘に説教をしていたら、自分では過去に苦労してやっと手放したと思って

いた悲しみのパターンがドッと襲ってきて、久しぶりにひどく落ちこんだ。

この15年(16年?)のあいだ、私にとっていちばんこたえたのは、子どもに満足なこ

とをしてやれないこと。世の中に、ふた親そろっていて経済的にも愛情的にもじゅうぶ

ん足りている子どもがどれだけいるかわからないけれど、ふた親そろっていて経済的

にはじゅうぶん豊かでも愛情がなかったり、愛情があっても経済的にはぜんぜん豊か

じゃない家庭がいくらでもあることは知ってる。まして母子家庭や父子家庭となったら

さらにいろいろ足りないのも見てきて知っている。息子などは若いから物事を良い悪

いの2極でとらえがちだけれど、理論上ではいくらでもそうできても、複雑で深いメカ

ニズムを持った人間の感情は良い悪いの2極だけではとらえられない。たとえそれが

自分に毒なパターンであっても、どこかでちゃんと解消しない限り何度でも繰り返す。

私はやっぱり、人に何かをやれというよりも自分でやってしまうほうがいいと思うタイ

プなんだなあ、と思う。少なくともそのほうが精神衛生上ずっとラクだし、少なくともこん

な風に落ちこまなくてすむ。

でも、それには今まで同様、じゅうぶんにユーモアを備えて健康でタフでいないと。

『新月の会』のセラピストは、「(何かを)やれている自分も、やれていない自分も、また

やれていないことそのものも、肯定してください。私が目指しているのは、この6ヶ月間

で自分にそぐわないパラダイムを変えていくことです」といった。

そこで私にひらめいたのは、自分にそぐわないパラダイムを変えて(あるいは捨てて)

必要なところ(場所・人・事・オポチュニティ)とつながってゆくこと、だった。

自分にそぐわないパラダイム、というのが人間関係にもいえるなら、友達を失うことが

あってもしかたがないのかな、と思う。

6月のベランダでわずかに咲いているのはマダム・フィガロと実生のプリスペリティー。

早くもいちばん先に咲いたバラには小さなつぼみが上がってきた。

12prosperity_02

|

« 美しさの基準 | トップページ | サンデー・ブランチにピザを作ろう! »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

最近、いらいらすることが多くて、
仕事を引き受け過ぎかなあとか思ってました。
そうですねえ、自分にそぐわないパラダイムを変える、
っていうのは、いいかも。

投稿: elm | 2012年6月 9日 (土) 22:24

elmさま、
自分でそう感じているとしたら、それは
間違いなく当たっていると思います。
キャパシティ・オーバーの仕事は断って、
わずかでもぼんやりできる自分の時間を作ったり、
休息か気分転換の時間が必要かも。
とくに梅雨の時期は女の人はからだに水毒が
溜まりやすいので、デトックスも必要。
ほとんど全ての病気の原因はストレスだから、
病気になる前にすっきり解消してくださいませ。
そうそう、たまには友達とおいしいものでも
食べに行くとか(^-^)♪

投稿: soukichi | 2012年6月10日 (日) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しさの基準 | トップページ | サンデー・ブランチにピザを作ろう! »