« 凋花切(ちょうかきり) | トップページ | わかるのはゆっくりでいい。 »

2012年6月 4日 (月)

自分をケアする

12aroma_2

バラが咲いているあいだはとにかく朝起きたらパジャマのまま顔にUVケアクリームだ

け塗ってラフィアの帽子をかぶってベランダへ直行する、という日々が続いていたから

まったくできなかったのだけれど、いつもはまず起きたら足踏みマットを踏んで膝上ま

で揉みあげ、白湯を飲む、というのが日課。

その揉みあげマッサージのときに以前は何もつけないでやっていたのを、いつだった

か「そうだ!」と思いだして、安西清香さんのアロマのワークショップで作ったクリーム

を使ってやってみたら、これがすごくいいんです。乾燥の時期は適度に肌がうるおって

カサつかないし、何より精油のいい香りで朝から癒される。精油の力で血行もよくなる

からマッサージが終わった後は第2の心臓といわれるふくらはぎもすっきりして脚が軽

くなったよう。いつも酷使するだけ酷使してあまり顧みることのなかった自分のからだ

のケアを丁寧にしてみたら、やっぱりそれなりに結果が出るんだなあと思った春まで

のあいだ。足の甲だって前より白く滑らかになっちゃったりして。

そうしてマッサージしながら考えてみたら、人間、足の指1本、手の指1本ケガして使

えなくなったってこんなに不便なことはない。ふだん、ふつうに動いて使えることが当

たり前になっちゃってるけど、自分のからだにももっと感謝しないとなあ。

・・・・・・ なんて気持ちがむくむく湧いてきたのでした。セルフケアって大事。

そして私にしてはめずらしく手製のクリームをぜんぶ使いきったので、またおさらいも

かねて作ってみようと思ったらワークショップのときのレシピがない。

でも、たしか手持ちの本にも載ってたはず、と参考にしたのがこの2冊の本。

12aroma_03

私が勤めている会社は補完・代替医療を主とする会社なので、右の『メディカル・アロ

マセラピー』の本は会社からもらった本です。

そして、いまはこういう本がなくても必要な材料と器具がぜんぶ入って作り方付きのこ

んなキットもあります。これはフットクリーム。

12aroma_01

そして、上のキットを使って作ったのがこのクリーム。

12aroma_02

未精製のビーズワックスを使ったせいか、ワークショップで作ったものよりかなり黄色

い。それで、これは香りを失敗しました。

効果効能を優先してデトックスのためにジュニパーベリーを入れたら、もともと未精製

のローズヒップオイルにもちょっと生臭い匂いがあったせいでさらにそれが増幅されて

変な臭い。とてもいい香りとは言い難い。う~ん・・・・・・

アロマの場合、効果効能も大事だけれど、複数の精油を同時に使うときはやっぱり香

り同士の相性も大事なのでした。いわゆる香水でいうところのトップノート、ミドルノート

ラストノートっていうヤツです。それは本にも書いてあった。

でも、とにかく私はやってみたい人なので、これはこれで足用に使うとして、また別の

日に気をとり直してリベンジにハンドクリームを作ってみることに。

できあがったのは、これ。

12hand_cream

写真だとあまり違いがわからないけれど、ローズヒップオイルの量を半分にしたせいで

前のクリームより色もローズヒップ自体の香りも薄くなりました。作ったのが5月だった

のでローズ・アブソリュートの精油を使って2種類作ってみたけれど、ひとまず成功。

以下、レシピです。

*****************************************************************

 < 材料 >

  30グラム入るガラスのクリーム容器

  50ミリリットルくらいのガラスのビーカー

  かき混ぜるための小さなスプーンか、ガラスの混ぜ棒

  (以上は煮沸消毒しておく。)

  お好みのキャリアオイル 20ミリリットル

  (ここではローズヒップオイル10ml、ホホバオイル10ml)

  ビーズワックス 2グラム

  シアバター    2グラム 

  お好みの精油 4滴  (ここではひとつが、ベルガモット・ローズアブソリュート、フラ

  ンキンセンス。もうひとつはパルマローザ、ローズウッド・ローズアブソリュート)

 < 作り方 > 

  1.ビーズワックスとシアバターをビーカーに入れ小鍋で湯煎して完全に溶かす。

  2.溶けたら火をとめキャリアオイルを加えて混ぜ合わせる。

  3.保存容器に入れ、少し冷ましてから精油を4滴落とす。

  4.スプーンでよく混ぜあわせてできあがり。

  5.きっちり蓋を閉めたら冷暗所で保管して約3ヶ月以内を目安に使いきる。

*****************************************************************

2回めに作ったハンドクリームは香りもテクスチャーもいい感じになりました。

ワークショップ以来、化粧水もずっと手作りだし、だんだん市販のものを買わない生活

になりつつあるような。もちろん最低限の知識は必要だけれど、何より自分で作れば

添加物の心配もないし、香りも人工香料より自然の植物から抽出されたもののほうが

いいに決まってる。食もそうだけれど、できるだけ自分で作れればそれに越したことは

ないと思うのです。

ちなみに使った容器は私の超愛用品、ユイル・エ・ボームのリップバームが入ってい

た容器。これがひとつ12グラムしか入らないため2つに分けて2種類の香りで作った

のでした。考えてみたら、私がオーガニック・コスメの威力を知ったのはこのリップバ

ームからでした。

Huilesbaumes

冬は唇が乾燥して剥けていたのが、これをつけるととにかく潤う。ふっくらして潤いが

持続する。そして血行もよくなるせいか、唇の色もとても良くなる。色素沈着もきれい

になくなった。女の人は唇の色がきれいなだけで、顔が生き生きして健康的に見える

と思うのです。現在リピート5個めの私の超おすすめ!

初めて買ったときはちょっと高いと思ったけれど、これひとつで約半年は使えるので

コストパフォーマスもグッドだと思います。

伊勢丹で扱わなくなってしまって困っていたら、最近ここで見つけました。

ここならちょっと安く買えます →  ユイル・エ・ボーム

Huilesbaumes_01

|

« 凋花切(ちょうかきり) | トップページ | わかるのはゆっくりでいい。 »

Health&Beauty !」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凋花切(ちょうかきり) | トップページ | わかるのはゆっくりでいい。 »